2016年08月01日 12:01 掲載

ニュース・プラス 【動画あり】
海と陸の両方で横浜を観光しよう!
水陸両用バスによる社会実験スタート


NP160728-01-01.jpg

来賓や関係者を乗せて水陸両用バス1号車がスプラッシュ! 

 横浜市はみなとみらい地区において7月27日から、社会実験「~水・陸 新発見!横浜みなとまちめぐり プロジェクト~」による水陸両用バスの運行をスタートさせた。同日はテープカットなどの式典が行われると同時に、関係者並びに報道関係者向けの運行が行われた。

 一般の利用は8月10日(水)よりプレスタートし、8月末から本格運用となる。そして実験は2020年3月末まで行われる予定で、好評なら2020年4月以降は営業路線として定期運行することも検討しているという。運行担当事業者は、2015年8月の公募により決定した、日の丸サンズとシティアクセスの2社だ。

 本格運用がスタートしてからの運行スケジュールは毎日10時から18時までで、2コース各5便ほどが予定されている。ただし、天候や施設および車両の整備で運休になる場合もあるとした。

コースは桜木町と赤レンガの2種類を用意

 ルートは桜木町コースと赤レンガコースの2つを用意。JR桜木町駅から徒歩10分程度の帆船が展示されている「日本丸メモリアルパーク」、もしくは赤レンガパークの2か所に乗車場があり、どちらから乗っても約70分の周遊となる。

 コースはどちらも陸上ルートと海上ルートで構成されており、通常の海上ルートはパシフィコ横浜・赤レンガ倉庫沖(下画像の緑色のルート)となるが、波や風が穏やかなときは新港ふ頭を一回りする青色のルートを運行することが計画されている。

NP160728-01-02.jpg

コースは2種類あり、どちらも陸上ルートと海上ルートが組み合わされ、約70分と本格的な観光コース

 海へのスロープは、日本丸メモリアルパーク内に新たに設けられ、すぐ近くからスプラッシュの瞬間や、逆に上陸してくる瞬間を見ることが可能。海水によるサビなど金属部品の腐食を防ぐため、このスロープにはシャワーが設置されており、車体(船体)下面を洗浄できる仕組みだ。

NP160728-01-03.jpg

水陸両用バスの運行のため、日本丸メモリアルパーク内に新たにスロープが設けられた。

→ 次ページ:
1台○億円の水陸両用バスの詳細!

赤地にくじらをあしらったデザイン!