2016年07月13日 17:00 掲載

ニュース・プラス 【動画あり】
日産の自動運転技術が
新型「セレナ」に搭載された!


NP160712-01-01.jpg

「プロパイロット1.0」を搭載したセレナのステアリング周り。エンブレム右側にボタン類が用意されている。

 日産は7月上旬、同社が開発を進めている自動運転技術「プロパイロット」を搭載した、新型「セレナ」のメディア取材会を実施。また、13日には、同新型車を8月下旬に発売すると公開。価格は「プロパイロット」搭載グレードでも300万円以下の価格設定になるという。

 今年3月、同社のカルロス・ゴーン社長が「自動運転技術を、今年発売する新モデルに採用する」と明言し、今回の発表はその約束に添うものとなった。では、実用化された自動運転技術はどのようなものなのか。取材会での記者の体験も含めてレポートしたい。

NP160712-01-02.jpg

「プロパイロット1.0」搭載、新型「セレナ」の体験試乗の様子。テストコースを実際に走ってみた。

プロパイロット1.0は自動運転のレベル2相当

 自動運転のレベルは、4段階に分けて考えられることが多い。レベル1は、衝突被害軽減ブレーキやレーンキープ、クルーズコントロールなど、現在すでに市販車に搭載されている運転支援用の技術。それらの機能を複数連携させ、ステアリング操作と速度制御などを同時に行う、限定的な自動運転を実現する技術がレベル2。レベル3は、非常時のみドライバーが運転を交代する準完全自動運転、レベル4はドライバーをまったく必要としない完全自動運転である。そして、今回の「プロパイロット1.0」は、レベル2に相当する。

→ 次ページ:
「プロパイロット1.0」の特徴を紹介!