ニュース・プラス なめていてごめんなさい!
フォーミュラ・トヨタのあり得なく凄い、
同乗試乗レポ その1

2016年06月30日 10:19 掲載

NP160629-01-01.jpg

フォーミュラ・トヨタのマシンに同乗試乗している様子。猛烈な迫力を体験できる。

 トヨタがお台場で運営する、クルマを題材にした入場無料のテーマパーク「MEGA WEB」。同施設には、「ライドワン」と呼ばれる、1周約1.3kmの試乗コースがある。普段、ここでは最新の燃料電池車「MIRAI」を初めとするトヨタ車の無料・有料の試乗を行えるのだが、1~2か月に1回の割合でモータースポーツ系の同乗試乗体験イベントも実施されている。

 梅雨の合間に快晴となった6月26日の日曜日は、「フォーミュラ・トヨタ タンデムカー 同乗試乗会」(1人1回300円)と、「ネッツカップ ヴィッツレース 同乗試乗会」(無料)が併催された。記者がそのタンデムカーと、ヴィッツに同乗したので、その模様を2回に分けてレポートする。

フォーミュラ・トヨタとはどんなレース?

 まずは、タンデムカーの同乗試乗からお届けしよう。同乗試乗レポートに入る前に、フォーミュラ・トヨタ(FT)とはなんぞや? という話からだ。FTは、トヨタが1991年から2007年まで開催していた、国内初となるワンメイクのジュニア・フォーミュラ・レースである。もう終了しているが、出身者の中には、F1まで登り詰めた小林可夢偉選手や中嶋一貴選手もいるレースだったのだ。

 位置的には、入門用の「スーパーFJ」(FTが行われていた時代は「FJ1600」という名称だった)と、ミドル・フォーミュラである「全日本F3」の中間に辺り、現在行われている中では「全日本F4」や、2015年からスタートした「FIA-F4」と同じようなカテゴリーだった。

 ちなみにFTは、トヨタの若手ドライバーの発掘と育成を目的とした「トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム」の核をなすレースだったが、終了後はトヨタ、日産、ホンダの3社合同による「フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン」(FCJ)に移行、それも終了した現在は、FIA-F4などに引き継がれている形だ。

NP160629-01-02.jpg

かつて行われていたFTのレースの様子。資料より抜粋。

→ 次ページ:
同乗試乗で乗り込むマシンを紹介!