ニュース・プラス 最精鋭の3DプリンタとVR技術が集結!
近未来先取りの "3D&VR展" は見逃せない。
東京ビッグサイトで24日まで。

2016年06月23日 掲載

NP160622-01-01.jpg

写真1。日産の2013年型GT500仕様R35 GT-Rの40%風洞モデル。現実のレースで空力パーツを素早く修正できたのは、このモデルと3Dプリンターによるパーツの試作があったからかもしれない。

速さの理由は3Dプリンターにあった!

 6月22日(水)から24日(金)まで、東京ビッグサイトで第24回3D & バーチャル リアリティ展が開催されている。3D映像表現を含むVR・AR技術と、3Dプリンターをメインとした展示会だ。

 まずはクルマ関連ということで、スーパーGTマシンから。といっても、40%スケールの風洞用モデルなのだが、アルテックのブースで展示されていたのが、日産のGT500仕様のR35GT-Rだ(画像1)。ボディのすべてではないが、空力的な影響の大きい部分を3Dプリンターで作ったのだという。画像のグレーの部分がそれで、黒はカーボンだ。

 この風洞モデルは2013年のものであり、GT-Rはその年は王座を獲得できなかったのだが、14・15年は連覇を達成している。おそらく、こうして3Dプリンターを活用して空力パーツを素早く開発していったことも勝因の一つだったのだろう。3Dプリンターはモータースポーツの世界でも活躍しているのだ。

「攻殻機動隊」のアイツの実機が販売される日もそう遠くない!?

NP160622-01-02.jpg

写真2。「攻殻機動隊」シリーズで大人気のタチコマ。主人公に据えたミニアニメなども作られている。

 続いては、架空のものではあるけど、車輪もあって人も乗れるのでクルマの範疇だろうという解釈のもとで、「タチコマ」(写真2)。なんだこれ? と思う方もいるだろうが、これは、21世紀半ばの近未来を舞台にした大人気のコミック・アニメ「攻殻機動隊」シリーズのTV版「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」に複数台が出てくる戦闘用ロボットだ。人工知能を搭載しているので、劇中では「思考戦車」という扱いになっている。そのキャラクターがとても愛らしい上に、自己を犠牲にしてまで健気に主人公たちをサポートするところなどから、非常に人気が高い。

 このタチコマについては、2016年2月11日に、コミュニケーションロボットの社会実装に挑むことを目標に、DMM.comと攻殻機動隊 REALIZE PROJECTがプロデュースし、karakuri productsと海内工業が設計・開発・製造を担当する「タチコマ リアライズプロジェクト」が立ち上げられた。写真はその一環として開発された1/2スケールのタチコマである。チタン合金などの金属パーツと、3Dプリンターで作成した樹脂製のパーツで軽量化することで製作することに成功したという。早いところ実寸大、そして人工知能などアニメでの全機能(武器は除く)を搭載したタチコマの実機を開発してほしいところである。

→ 次ページ:
続いては大河原邦夫氏がデザインしたSFアニメ系スーパーカー!