MINIATURE ”CAR” LIFE レシピ07:
「史上最速のレコード」の作り方

2017年11月14日 09:00 掲載

いよいよ制作!

(01)
赤白の縁石部分をハサミでカット!

17M11mini_F.jpg

サーキットのコーナー部分にある縁石などをプリントした用紙をカット。我が家はA3まで印刷できるプリンターなので問題ありませんが、一般的なプリンターはA4までがほとんど。コンビニで拡大コピーするのがオススメ。

(02)
遠近法の効果を狙い、奥にEP盤、手前にLP盤を配置

17M11mini_G.jpg

レコード盤の縁に赤白の縁石、中央の曲名が記される部分に芝生柄のプリントを貼り付けます。その作業が終わったら、レンズの手前にLP盤、奥にEP盤を配置。手前を大きくすることで遠近法の効果が得られます。

17M11mini_H.jpg

写真の手前で私が丸めているのは、前ページで紹介した緑色の画用紙。「どうせ写真にしたらボケる」という発想から、模型の樹木は使いませんでした。ちなみにミニカーも、遠近法の効果を考え、手前に大振りの1/43、奥に1/64のモデルを配置しています。

17M11mini_I.jpg

撮影時に注意したのは、黒光りするレコード盤のハイライト! ミニカーの手前にくるように照明を配置したのですが、溝が浮き上がるので「効果線」のように見えるのです。実際には静止しているミニカーが猛烈なスピードを出しているように見えますよ。

profile.jpg

ミニチュア写真家:田中達也(たなか たつや)

1981年、熊本県生まれ。広告関連のアートディレクションに携わりながらInstagramにアップしていたミニチュア作品が大人気に! 「ミニチュア写真家」へと転身する。ハリウッド映画『アントマン』に作品を提供するなど、世界的にも活躍。今年話題を呼んだNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のタイトルバックのミニチュアも手がけた。

  • J.jpg
  • K.jpg

写真集『MINIATURE LIFE』『MINIATURE LIFE2』(水曜社)を上梓。
彼の作品は、http://miniature-calendar.comをチェック!

企画構成・文/寺田剛治

この記事の連載