くるナンデス 11月10日は無電柱化の日。
なぜ11月10日なのか。なぜイベントが開催されるのか。
その謎を解きに「無電柱化展」に行ってきた!

11月10日は無電柱化の日。東京お台場で、無電柱化のイベントが開催された。知らないことばかりで、とても衝撃的であった。その様子をレポートしよう。

2018年11月16日 00:00 掲載

src="https://jafmate.jp/blog/media/181112-1100.png"

「ムデンチュウカ」という言葉を聞いたことはあるだろうか? PCで変換してみたら、務田中華となった。務田は、JR四国の予土線にある駅名だそうだ。務田の中華屋さん。それでいいのか?

 そうでは決してない。実は、ムデンチュウカとは法律にも記載されている、我々の国民生活に直結する重要用語であったのだ。その法律は平成28年に制定された。第一条を引用しよう。


(目的)
第一条 この法律は、災害の防止、安全かつ円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図るため、ムデンチュウカ(中略)の推進に関し、基本理念を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにし、並びにムデンチュウカの推進に関する計画の策定その他の必要な事項を定めることにより、ムデンチュウカの推進に関する施策を総合的、計画的かつ迅速に推進し、もって公共の福祉の確保並びに国民生活の向上及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。


 ・・・長い。第一条は、1文である。「。」がない。なので、引用ではなく、第一条の全文を紹介したこととなった。ただし、(中略)の部分には答えが書いてあるので、略させていただいた。

 さて、文中の「ムデンチュウカ」はどのように変換すべきか。中華料理とかイタリアンとか、そういう話はしていなかったのである。無電柱化、である。

 そして、同じ法律の第十条を、ぜひともご紹介したい。


(無電柱化の日)
第十条 国民の間に広く無電柱化の重要性についての理解と関心を深めるようにするため、無電柱化の日を設ける。
2 無電柱化の日は、十一月十日とする。
3 国及び地方公共団体は、無電柱化の日には、その趣旨にふさわしい行事が実施されるよう努めるものとする。


 何と画期的な第十条であろうか。興味深い事実がたくさん記載されている。まず、法によって、無電柱化の日が定められていることだ。別記事「11月11日は記念日が多い日!? 」によると、「記念日とは一般社団法人・日本記念日協会のWebサイトの「記念日登録申請書」に必要事項を書いて申込み審査が通れば記念日として認定される。」とあるが、無電柱化の日は、一般社団法人が決めたのではない。法によって定められている、まさに超法規的措置ではない、立法的措置によって定められている。これは、将来的には、祝日法によって、国民の休日になることを見据えているのではないか。敬老の日や勤労感謝の日と同様に、無電柱化の日として、その実現を祈り、休む。それを示唆しているように思えてくる。

 次に興味深いのは、無電柱化の日とは、11月10日であることだ。先ほどの記事 にもあるとおり、記念日は10月10日か、11月11日に集中しているという。確かにそうだ。数字の並びの良さから、何かしらの記念日としたくなる。ところが、法律は11月10日を無電柱化の日とした。なぜなのか。

 そして最後の第3項。無電柱化の日には、その趣旨にふさわしい行事が実施されるよう努めているという。本当か。調べてみたら本当だった。なんとお台場で、無電柱化展をやっているという。これは行くしかない。すべての謎が、ここで解明されるだろう。

181112-1101.jpg

 「みんなで考えよう なるほど納得! 無電柱化inお台場」(以下、無電柱化展)がアクアシティお台場というなんとなくおしゃれなところで開催されていた。さあ、ここからがこの記事の本番である。

→ 次ページ:
無電柱化はエキサイティングだった