くるナンデス 意外と忘れてる?!
自動車教習所で習う交通ルール
【追越し禁止には2種類ある?】

2018年07月23日 12:01 掲載

追越しが禁止されている場所は以下のとおり

 標識の設置された場所を含め、以下の場所での追越しは道路交通法第30条で禁止されている。改めてチェックしてみてほしい。

【追越し禁止場所一覧】
①標識により追越しが禁止されている場所
②道路の曲がり角付近
③上り坂の頂上付近や勾配の急な下り坂
④トンネル内
(車両通行帯のある場合は除く)
⑤交差点とその手前から30メートル以内の場所
(優先道路を通行している場合を除く)
⑥踏切とその手前30メートル以内の場所
⑦横断歩道、自転車横断帯とその手前30メートル以内の場所

追越しを「される」側にもルールがある

180718_hw.jpg

走行中に追越しをされた場合には、速度を上げることなくスムーズに進路を譲る必要がある。

 ところで、みなさんは追越しを「される」側にもルールがあるのをご存知だろうか? これについて記載されている、道路交通法第27条をまとめると以下のとおりになる。


①車両は他の車両に追越されるときは、追越しが終わるまで速度を上げてはいけない。

②追越しに十分な余地がない場合は、追越しをされる車両はできるだけ左に寄り、進路を譲らなければならない。


 追越しは危険を伴う運転であるため、される側も十分注意することが必要。自分を追越そうとしている車両に気づいた時は、安全な範囲内で進路を譲るのがルールだ。

→ 次ページ:
追越し車線を走っているだけで違反なの?