くるナンデス 【自動車なぜなに?】
タイヤ-空気=21世紀のタイヤ!? 「エアレスタイヤ」の現状に迫ってみた!

2018年07月13日 01:00 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保


kn180705-01-04.jpg

ミシュランが市販化したエアレスタイヤ「X トゥイール SSL」のアップ。空気がないのに、空気のクッション性を実現するヒミツが、このスポーク構造だ。ジャパントラックショー2018・ミシュランブースにて撮影。

 タイヤに空気が入っていることは、現代に生きる我々にとっては常識だ。しかし空気の要らない、「エアレスタイヤ」の開発が活発なのをご存じだろうか。従来の空気入りのタイヤと同等のクッション性を持ち、その上でパンクの危険性と無縁のエアレスタイヤ。その特徴に迫ってみる。

 クルマにおいて、もし4本のタイヤのうちの1本でも空気が完全に抜けきってつぶれてしまったら、どうなるだろうか。もちろん、クルマの操縦性能や乗り心地は大きく低下してしまう(実際に実験してみたので、その様子はこちら)。いうまでもないが、タイヤにとって空気はなくてはならない。

 しかし一方で、空気圧の管理が必要になったし、異物を踏むなどした場合、運が悪いとパンクしてしまうという、逃れられない宿命を背負うようにもなった。高圧でタイヤ内に空気を閉じ込めておくからこそ実現している優れたクッション性だが、それ故にパンクの危険性も常につきまとっているのである。

→ 次ページ:
ノーパンクタイヤとランフラットタイヤに迫る!