くるナンデス BMWと人気カフェDEAN & DELUCAのジョイントショップが東京八重洲に。

2018年03月15日 01:15 掲載

00_bmwcafe_00.jpg

(c) BMW Group

 BMWのショールームと「DEAN & DELUCA(ディーン・アンド・デルーカ)」がドッキングしたカフェ「BMW GROUP TERRACE -DEAN & DELUCA CAFE-」が今年の初め、東京駅八重洲口にオープンした。自動車ブランドと人気カフェによるコンセプトショップとはどんな場所なのだろうか。

00_bmwcafe_10.jpg

(c) JAF Media Works

 「BMW GROUP TERRACE -DEAN & DELUCA CAFE-」は、細長い空間の右側がカフェ、左側にクルマやバイクが展示してあるBMWのショールームになっている。空間に区切りがなく自由に行き来できるオープンな空間、このクロスオーバーさに、クルマを単なる乗り物ではなく、ライフスタイルに寄り添うパートナーとして捉えているBMWの姿勢がうかがえる。

00_bmwcafe_03.jpg

(c) JAF Media Works

 一方、70年代にNYで珍しい野菜や果物、チーズ、ベーカリーなどを提供し、食を愛する人たちから支持されてきた「グルメ・デリ」の先駆けであるDEAN & DELUCAは、日本に出店してから今年で15年目。一か所で調理して各店舗に配るのではなく、各店舗のキッチンで調理するスタイルに、食を愛する伝統を守る姿勢が感じられる。15周年を迎えるにあたり、より特別感のある空間を演出したショップを展開していく予定で、その第1弾が本ショップとなる。そんな両者の想いが一致して実現したのである。

→ 次ページ:
BMWのコレクションも販売