2018年02月27日 16:00 掲載

くるナンデス 【自動車カメラマンの旅のしおり】沖縄県竹富島 1泊2日でのチョイ旅行で疲れた心を癒しましょう!(後編)

 皆さんは、日々何かに煮詰まってしまったりすることってありませんか? 僕の場合、そんな時はホンの少しだけ現実逃避をしながら「何にもしない」を堪能しに旅に出ちゃいます。「ちょっと心が疲れたと思った時にオススメのプチ・リフレッシュ旅」のお話。後編です。

a006使用.jpg

レンタサイクルでビーチを訪れる人も少なくありません

 前編から続き、いよいよ上陸です! テーマパークも気の利いたお洒落な店も何もない島。ただただ石垣と屋敷林で囲まれた赤い瓦屋根の民家が点在する集落に、時折あらわれる白い砂の道の感触を足裏で感じながら散歩します。

 歩くのがイヤな人は、レンタサイクルで散策するのも良いでしょう。高層ビルなどの人工物が一切目に入ることのない青い空を見上げボーッとするのもいいかもしれません。ビーチに出て星砂を探すのも意外に癒されます。職業柄あまりおすすめしませんが、スマホ片手にインスタ映えするモノを探しながら歩くのもいいかもしれません。

 僕の場合、日々撮影している大好きな自動車をほとんど目にしない非日常を感じながら道の真ん中を歩く気ままさだけで、体の中にたまったあまり嬉しくない何かが消えていくように感じます。とにかく、あまり頑張らない時間を過ごすこの非日常感こそが効率よく自分に充電するコツのような気がしています。

→ 次ページ:
散歩のほかに何かある?