くるナンデス ぶつかっても事故らないガードレールや、霧でも見やすい標識。
早く登場して欲しい、高速道路にまつわるあんなモノこんなモノ

2018年02月21日 01:11 掲載

 毎年11月に「ハイウェイテクノフェア」なるイベントが開催されているのをご存じだろうか? 主催は(公財)高速道路調査会という団体で、NEXCO三社(東日本、中日本、西日本)も共催している。実は筆者も取材に出掛けたのは昨年が初めてだったのだが、訪れてみてびっくり! 様々に工夫を凝らした道路標識や見たこともない働くクルマ、最新の印刷技術を駆使した反射材シールなどが所狭しと展示されており、多くの来場者で賑わっていた。出展社数は282、発表された新技術はなんと1333もあるとのこと。気になったものをいくつか紹介してみたい。

ガードレールを回してみた

douro01.jpg

 まず紹介したいのがこちら「トンドルイ」。衝突エネルギーを回転エネルギーに変換して2次事故や車両離脱を防止する画期的なガードレール兼衝撃吸収設備である。車が黄色い部分にぶつかるとそこが回転して衝撃を分散したり受け流したりする。また、黄色い部分は柔らかい素材でできているため、車両の損傷もかなり抑えられる。ちなみに、ETIという韓国の会社が出展していたのだが、この装置を導入した場所では衝突事故での死傷者数が大幅に減ったという実績もあるそうだ。

→ 次ページ:
見えにくいを見やすく