くるナンデス 【クルマ解体新書】
カットモデル de クイズ!
第1弾&第2弾の解答編!!

2018年01月10日 14:00 掲載

第1弾の正解は、ホンダの2代目「NSX」!

 「HONDA」のロゴ、低い車高、リア・ミッドシップ・エンジンであることを想像すると、答えはひとつ、HONDAのスーパーカー、2代目「NSX」! カットモデルも含めた、2代目「NSX」についての記事はこちらだ(新しいタブが開きます)。

kn171221-01-08.jpg

ホンダ「NSX」。現在、オープンカーを開発中といわれている。2代目は米ホンダのスタッフも開発に大きく関与し、この青系の「ヌーベルブルー・パール」は、米国側スタッフのイチオシだそうである。前ページのカットモデルは、ホンダウェルカムプラザ青山で撮影。実車は、オートカラーアウォード2016にて、会場の横浜美術館の前で撮影。

第2弾の出題車のヒントはこちら!

 展示用に美しく明るい色に塗装されたフレームのこの1台。複雑な形状から最新設計のプラットフォームであることが予想されるが、メーカー名を示すようなものがなく...。はたして?

kn171221-01-13.jpg

この画像からわかるのは、フレームが非常に複雑な構造をしており、最新設計だろうということ。そしてシートが2列で4~5人乗りであることから、セダンだろうということ。また、フロント部分に広いスペースがあることから、おそらくはそこにエンジンを搭載するものと予想される。そしてこの画面には、実をいうとメーカー名につながる大きなヒントも写っている...!

kn171221-01-14.jpg

5人乗りであることから、セダンだろうということがほぼ確定。エンジンをミッドシップやリアに搭載しているとは考えにくいので、やはりフロントエンジンだろうということも間違いないはず。

kn171221-01-15.jpg

ミラーに反射させることで車体底面を写しており、プロペラシャフトが走っているのがわかる。つまり、4輪駆動ということだ。5人乗りのセダンタイプの4輪駆動車というと、かなり絞られるが、あとはメーカーがどこかわかれば...!

→ 次ページ:
このクルマの答えは次のページで!