くるナンデス 【クルマ解体新書】
カットモデル de クイズ!
第2弾は超難問、わかるかな?

2018年01月05日 12:00 掲載

答えは、GLMのEVスポーツカー「トミーカイラZZ」

 京都大学発のベンチャーであるGLMが、日本初の量産EVスポーツカーとして独自開発し、現在も販売中である「トミーカイラZZ」。同車の特徴は、プラットフォームだけでそのまま走れる設計となっていることで、カウルを被せる方式だ。そのため、まるでプラットフォームだけで走れそうな雰囲気があったのである。同車の動画もある同乗試乗をレポートした記事はこちら(新しいタブが開きます)。

kn171221-01-24.jpg

EVはモーターのトルクが大きいので、スタートダッシュが強烈。「トミーカイラZZ」もその例に漏れない。ただし、トップスピードは現在のところガソリン車の方がかなり上で、トミーカイラZZもそれほど高くなく、時速180kmとなっている。

続いてはとてもわかりやすい1台!

 2問目もレアな1台ではあるが、ヒントが盛りだくさんの、ほかのクルマではまず装備されてない特徴的な機構を持った1台。難易度は低め。

kn171221-01-17.jpg

前方から。フロントにラジエターがあるということは、FF? でも、あの黄色いパーツはタンクにしか見えないけど...?

kn171221-01-18.jpg

タンクはふたつもある? その上には何やら重要そうなハコ状のコンポーネントが...? カットモデル用に設けられた発光機能のある模擬ケーブルが前方の装置からそのコンポーネントにつながっている理由は...?

kn171221-01-19.jpg

タンクらしきパーツのアップ。普通のクルマにこんな円柱状のタンクなんてあった? それもふたつも?

→ 次ページ:
このクルマの答えは2ページ目で!