くるナンデス 【菰田潔の、目から鱗のタイヤの話】
夏タイヤは冬に減る?
知っておきたい冬タイヤの話1

2017年12月15日 10:43 掲載

高性能車におすすめのタイヤはこれだ!

P1000581使用.jpg

 もうひとつ冬タイヤと呼ぶことができるタイヤがある。それはヨーロッパで履かれているウインタータイヤだ。ドイツのアウトバーンを200km/hオーバーで走ることもできる冬タイヤである。タイヤに書いてあるスピードシンボル(速度記号)がV(240km/h)やW(270km/h)というもの。日本では必要ないスピード域だが、100km/h以下で走るときでもしっかり感があるので、高性能車にマッチするタイヤだ。現在、偏平タイヤのサイズが一部輸入されている。

 日本でも非降雪地帯を走るスポーツカーやハイパフォーマンスプレミアムカーの場合は、雪やアイスバーンではない普通のアスファルトを走ることのほうが多いだろう。そんなケースではスタッドレスタイヤだとグリップ力不足を感じてしまう。タイヤのしっかり感が不足してクルマの特性が生かせないからだ。そんなクルマにはウインタータイヤがお勧めだ。

(その2(12/26配信予定)へ続く)

2017年12月15日(モータージャーナリスト 菰田潔)

菰田潔(こもだきよし):モータージャーナリスト。1950年生まれ。 自動車レース、タイヤテストドライバーを経て、1984年から現職。日本自動車ジャーナリスト協会会長 / 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員 / 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)交通安全・環境委員会 委員 / 警察庁 運転免許課懇談会委員 / 国土交通省 道路局環境安全課 検討会 委員 / 一般社団法人 全国道路標識・表示業協会 理事 / NPO法人 ジャパン スマート ドライバー機構 副理事長 / BMW Driving Experienceチーフインストラクター / 運送会社など企業向けの実践的なエコドライブ講習、安全運転講習、教習所の教官の教育なども行う。