2016年11月21日 01:53 掲載

フリフリ人生相談 30代女性です。こういう相手は「彼氏」じゃない?


ライター・松尾の右往左往

今回は「リアル人生相談」の第1回です。その場にいた3人に答えてもらいました。

バンジョーがいきなり、ひらがなだけの歌を詠みはじめたのには、びっくりです。さらさらと紙に書いて渡してくれました。きっと、この男は、酔っぱらいながらこんなことばっかり考えているのだと思います。

このよのなかは へちまのようにふらふらと くらすより ほかにみちはなし

これはもう人生相談の答えというより、酔っぱらいのタワゴト、ですな。

それにしても、最後の英語がおかしいです。

「Live fast! Love hard! Die young!」

「生き急げ、激しく愛せ、若死にしろ」

きっとバンジョーが若いころに触れたロックンロールな言葉なんでしょう。

調べてみると、Faron Youngってひとの曲のタイトルらしいです。1955年のビルボード・カントリー・ミュージックの3週連続のトップ!

I want to live fast love hard die young and leave a beautiful memory.

生き急ぎ、激しく愛して、若くして死にたい。美しい思い出を残して......。

それしても、そんなこと、70歳近い男が言う?  言うんですなぁ。ロックな野郎だぜ、まったく。

で。恵子は超ドライに答えてくれました。

女のひとって、こういうことには、冷静な顔できびしく答えますよね。

最後に「どうでもいいかな、私には」って、それじゃ人生相談の回答者はつとまりませんね。

けど、本人たちが満足なら、それでいいんじゃない?  ってところは、天空と同じ感じがしました。天空は、港のアキコさん個人の満足度を大切にしてますが、恵子は、そこに「彼氏に訊いてみろ」と一歩踏みこんでいます。

まぁ、天空が、やっぱり達人らしい答えだと、私は感心したしだいです。