なんちゃってエジソン <広告企画>
安全な運転視界を確保するアイテム
偏光サングラス「TALEX-タレックス-」を試してみた!

2016年09月12日 12:04 掲載

ejison16M10_03.png

今回、"視界をクリアに、そして、ドライブを快適にしてくれるというサングラス"の情報を持ってきてくれた・・・と言いますか、突然車内に現れて教えてくれたのは、株式会社タレックスの松村さんです。
松村さん、よろしくお願いします!

松村さんが持ってきてくれたのは、TALEXの「オーバーグラス型偏光サングラス」。オーバーグラスとは、メガネの上からでもかけられるという意味で、偏光サングラスとは、眩しさを抑えることに加えて、光の反射などもカットするサングラスのことです。

ejison16M10_04.png

今回はこのサングラスを使って検証します。

それではまず、①通常走行中の見え方の違いについて確認します。
普通に運転している景色をご覧ください。現在、この車は日中、北に向かって走っています。天気もいいし、ドライブ日和ですね~。
太陽は後ろ側にあるので、直射日光が目に入るわけでもなく、正直あまり眩しさを感じませんが・・・。ここでちょっとTALEXの偏光サングラスをかけてみました。

ejison16M10_05.png

おっと、これは! 霞が晴れるというか、見える景色のすべての輪郭が、くっきりはっきりしましたね~。アスファルトって、こんなにしっかり締まった色をしてたんですね。さらに特徴的なのが、白線がより鮮明になって目に飛び込んでくること。これは車線逸脱の防止にもなりそうですね! フロントガラスにうっすらと映り込んでいたダッシュボードが消えて、視界がクリアになっています。
でもどうして、このように見えるのでしょうか? 松村さんに聞いてみましょう。

「横内さん、TALEXの偏光サングラスは、明るさはほぼそのままに、反射や照り返し、フロントガラスの映り込みなど、余分な光、すなわち『雑光』をカットするように設計されているんです。これにより目の負担も軽減しながら視界をクリアに映し出すんです」(松村さん)

なるほど~、そういうことだったんですね。

→次ページ:光のちらつきや反射があっても、対向車の車内まではっきり見える