2016年05月13日 00:00 掲載

なんちゃってエジソン ジャンクションに使われている「人体に優しい曲線」とは?


ejison16M6_04.png

たくさんの曲線の組み合わせで、ジャンクションはできていた

それでは、クロソイド曲線は、どのように実際のジャンクションに使われているのでしょうか。鈴木さんに説明してもらいました。

写真は、私も大好きな「三郷ジャンクション」(埼玉県)。外環と常磐道、首都高をつなぐジャンクションです。綺麗な曲線が幾重にも立体交差するその美しさは、見る者を惹きつけて止みません・・・。

この中にも多数のクロソイド曲線が含まれているそうです。

う~ん、私にはさっぱりわからない。そこで、クロソイド曲線を色分けしてもらいました。

するとビックリ! 思っていたより以上に円と直線に挟まれるようにクロソイド曲線が使われていました。

ejison16M6_05.png

オレンジ色の部分がクロソイド曲線です。異なる2本のクロソイド曲線がS字につながっている箇所(オレンジと濃いオレンジで色分け)があるなども見て取れます。

鈴木さんに解説をお願いしました。

「例えば設計速度が時速100kmの高速道路の場合、その速度で走行していれば、慌てることなくゆっくりとハンドルが切れるように設計されています。直線と円のつなぎ目には、設計速度に応じたクロソイド曲線が採用されているんです。そのため、ジャンクションなどカーブの多い場所のドライバーの動きとしては、直線からクロソイド曲線(オレンジ部分)に入る時はゆっくり一定の速度でハンドルを切り、円に入るとハンドルを固定、その後また、一定の速度でハンドルを戻す(オレンジ部分)・・・という安定した操作の繰り返しになります。これにより、車に一気に遠心力が働くこともありません。ただし、クロソイド曲線に安心せず、あくまでもスピードは出し過ぎずに安全運転でお願いいたします」

※4000R以上の円には、一般的にはクロソイド曲線は使用されていません。

なるほど・・・。話としては分かりましたが、実際にはクロソイド曲線を使うことで、どれくらいカーブの運転が楽になるのでしょうか。

なんちゃってエジソン得意の実験で、体験します!

→次ページ:だれでもできる!? クロソイド曲線の作り方