2016年04月12日 21:12 掲載

なんちゃってエジソン 200mを10周したのに、 トリップメーターは2.1kmに。 その謎に迫る!


ejison16M5_01.png

文と構成=横内信弘 写真と動画=山出高士

こんにちは、ライターの横内です。いつも奇怪な実験を繰り返してきたエジソンスタッフが、今度は200mトラックを車で200周走行する実験を行うとのことで、現場に呼び出されました。

そこで告げられた今回のテーマが、「ODOメーターやトリップメーターは、どのくらい正確なのか?」

ロングドライブで遊びに行くときに、車のODOメーターやトリップメーターで、目的地までの距離を確かめたことってありませんか? ガソリンの消費量と走行距離を見比べて「今回の燃費は・・・」なんて計算に利用する方も多いと思います。

でも、そもそも車の距離計測はどのくらい正確なのでしょうか?? 例えば、タイヤの空気圧が低かったり、条件によっては表示される距離に影響があるのでしょうか・・・と、こうした疑問を解消しようというわけです。

そこで今回の実験では、0.1km単位で表示でき、ゼロリセットができるトリップメーターの表示を採用。クルクルクルと合計200周、40kmの挑戦。結果やいかに。

ejison16M5_03.png

今回の実験の最大のポイントは、実際に走行する距離を事前にしっかり把握しておくこと。そこで、確実に一周200mになる図のようなトラックを、エジソンスタッフが作りました! ここを2台の同車種の車で走行します。

2台の車のうち、シルバーの車はタイヤの空気圧を「指定空気圧」に、黒の車は「空気圧を半分」にしています。

また、走行ラインにバラつきがないように、車幅1.69mに対して、コース幅は2.5mとタイト目に設定。極力トラック内の内側を走行することもルールとしました。さらにドライバーによる技量の差が出ないように、100周を終えた時点で2台の車のドライバーを入れ替える念の入れようです!

以上の条件で、10周ごとにトリップメーターに表示される距離を記録。それを200周まで続けました。

ejison16M5_04.png

このお手製コースと2台の車で、以下の2つを確認しました。

ejison16M5_05.png

ejison16M5_02.png

→次ページ:実験1結果 タイヤ空気圧が低い車の表示距離はどうなるのか?