2016年12月22日 12:13 掲載

なんちゃってエジソン 名作十選「なんちゃってエジソン」
【六番人気】ウインドーウオッシャー液の
容量を知ってますか?


第6位(得点:31/40点)
ウインドーウオッシャー液の容量を知ってますか?/2014年6月号

bestofejison_06_03.jpg

なぜ、こんなことをすることになってしまったのだろう、と、今となると、この企画を立案した理由、しかも実現させてしまった理由がまるで思い出せない不思議な企画であると言えましょう。きっと、ウィンドーウォッシャー液というのは、こまめに点検しなきゃダメですよ。それは、ディーラーでもカー用品店でも、ガソリンスタンドの店員さんでもなく、あなた自身が点検しなきゃダメですよ。ということが言いたかったのだと思うのだが、それがなぜ、このような大仕掛けな「ウォッシャー液回収装置」なるものを作るハメになったのか。

しかも、ウオッシャー液ひと吹きの量まで測っています。ひと吹き12ccということを明らかにし、しかもこれは、SUVでもミニバンでも、軽自動車でも、ほとんど変わらないということを突き止め、それは確かに新しい知見であるかもしれないけれど、それがいったいだから、どうしたというのだろうか。

「お、お前、今ウォッシャー液2秒くらい、ずいぶん長いこと噴射したね。大体24cc使ったよ」という会話が車内で発生することがあるのだろうか。
「あなたのウォッシャー液の使い方、素敵ね。必要最小限の量だけ噴射して、たぶん2ccくらい節約してるわよ」という夫婦の会話が発生するのだろうか。それに対して、「へえ、お前、詳しいねぇ。じゃあ、これは車種によってどのくらい異なるか、知ってるかい? ぼくは知っているよ」
「さすがあなたね。よくご存知ですわ」
こんな夫婦とは付き合いたくないであろう。

bestofejison_06_02.jpg

人はこの実験を、エジソンらしい実験であると評価する。ライター横内も、他のエジソンスタッフもそうである。そのため、全48話中、第6位に選ばれたのだろう。しかし、私は悔恨の念にさいなまれている。そういう実験をしてしまったのである。申し訳ございませんでした。

それでも名場面は選ばなければなるまい。JAFの片岡インストラクター(当時)の講評を名場面としてご紹介しよう。片岡インストラクターはベテランインストラクターで、座学講習などは分かりやすいととても好評である。豊富な知識と巧みな話術で何百人もの聴衆を魅了することができる交通安全の伝道師である。しかし、カメラの前で話すのだけは苦手、と本人がおっしゃるとおり、この動画の講評は微妙に分かりづらい。入っているのか入っていないのか、入っていると思われがちなので、しっかり自分で点検しましょう、と大切なことを教えてくれているのである。

■名場面、片岡インストラクターの講評はこちら>>

bestofejison_06_04.jpg

■バックナンバーはこちら>>「ウインドーウオッシャー液の容量を知ってますか?/2014年6月号

■動画で見る「なんちゃってエジソン」の全編はこちら>>「ウインドーウオッシャー液の容量を知ってますか?/2014年6月号

妙に力を入れて、いろんな短編を制作している。車内の会話の話題になれば幸いです。

(JAFメディアワークス IT Media部 濱崎 暢)