長尾智子のお菓子風土記 最終回 
いにしえの土地を伝えるお菓子
●さつま焼

2017年12月13日 掲載

18M01okashi_top.jpg

大阪の町については、まったく詳しくないのですが、行く機会があると、デパートの食品売り場ひとつとっても、底知れぬパワーのようなものを感じます。その勢いと賑やかさ、品物のボリュームは東京にはないもので、圧倒される反面羨ましくもあり、興味深く過ごせるのが、私にとっての大阪です。

この連載の最後に訪ねた末廣堂がある地域は、大阪市の中でも南で、堺市の少し手前、住吉大社が中心にある界隈。途中の恵比須町からは、地元で"ちん電"と呼ばれて親しまれている路面電車が走る街でもあります。
住吉名物とも言える「さつま焼」は、昔は海岸沿いの砂地だったこのあたりがさつまいもの産地であったことから、末廣堂初代が考案したお菓子です。二口で食べられるくらいの小振りな焼き菓子は、まあ何とも美味しそうに艶のある焼き色。中にはこしあんが詰まり、周りは小麦粉の生地。実はさつまいもは使わず、形を模したお菓子なのです。四代目の齋藤裕昭さんによれば、今ではさつまいも餡も仲間入りして、二種類楽しめるとのこと。素朴ながら、普段にもよそ行きにもなるお菓子です。

末廣堂がある住吉大社周辺は、かつてはすぐ近くまで海岸だったそうです。住吉大社の西側、国道26号のあたりまでは海で、住吉大社は、航海安全の神様として海に関わる人たちの守り神でもあります。今では、すぐそこまで海岸線が広がっていたとは想像しにくいですが、南海本線・住吉大社駅の一つ北側の駅は「粉浜(こはま)」。昔の名残は、地名に残っているというわけです。実際に、砂地であったことは、近隣でマンションなどの工事があるときにわかるそうです。
どの神社やお寺もそうだと思いますが、住吉大社は地元に愛される散歩道でもある神社。大木が多く、木陰や池や太鼓橋の雰囲気は清々しい。よく見られる長い参道は見当たらず、"ちん電"と呼ばれて親しまれている阪堺電軌阪堺線・住吉鳥居前、南海本線・住吉大社、南海高野線・住吉東の3つの駅の真ん中に位置しています。駅が近いこともあり、参道がないのが特徴。そのかわりに大きな森が目の前にあるような感じもします。"すみよっさん"と親しみを込めて呼ばれ、西側の住吉公園も含めて、この辺りの中心であり憩いの場所になっているようです。

18M01okashi_02.jpg18M01okashi_03.jpg

18M01okashi_04.jpg

→次ページ:末廣堂