2020年02月10日 14:10 掲載

クルマ 【ジャパンキャンピングカーショー2020】できたてほやほや! バンコン&キャブコン、冬の新車たち

キャンピングカー系展示会の中で、国内最大級の規模を誇るジャパンキャンピングカーショーが1月31日から2月2日まで開催された。今年は幕張メッセの1~4ホールを会場として同展示会史上最大規模の展示面積で開催され、出展台数は300台強を数えた。その中から、バンコンやキャブコンなど、中~大型サイズのニューモデルに注目した。

神林 良輔

 現在、日本のキャンピングカー市場は堅調だ。日本RV協会が2019年7月に発表したキャンピングカーの国内保有台数は、11万台超。2005年時点で約5万台だったが、年々伸び続け、約15年で2倍となった。販売総額は2018年に最高額を記録し、約485億円という市場規模となっている。

 ここでは、合計8種類あるキャンピングカーのカテゴリーの中から、バンコンバージョン(バンコン)と、そのひとつ上のクラスの大型車キャブコンバージョン(キャブコン)という、人気カテゴリーの新車を取り上げる。

バンコンとは? キャブコンとは?

 バンコンとは、主にミニバン・1BOXをベースにした中型クラスのキャンピングカーのことだ。ベース車両として、トヨタ「ハイエース/レジアスエース」の兄弟車が主流だが、近年はよりコンパクトなトヨタ「ライトエース/タウンエース」の兄弟車も増えている。街中での普段使いも不可能ではないサイズでいながら、居住スペースも広いことから国内キャンピングカーの主流として長らく市場を支えている。

 一方のトラックをベースとしたキャブコンは、基本的にはバンコンよりも大型のキャンピングカー。荷台部分を取り外し、シャシーに大型キャンパーシェル(居住スペース)を搭載しており、居住性が高く、設備が充実している点が特徴だ。キャビン(運転スペース)上部にひさしのように突き出たバンクベッドが外見的な特徴のひとつである。ベース車両として最も採用されているのが、トヨタのトラック「ダイナ/トヨエース」の兄弟車から開発された専用シャシー「カムロード」(画像1)。マツダのトラック「ボンゴ」ベースの車両も多い。

画像1。キャブコン専用シャシーのトヨタ「カムロード」2019年式。

画像1。キャブコン専用シャシーのトヨタ「カムロード」2019年式。ジャパンキャンピングカーショー2019のナッツRVブースにて撮影。

 なお今回は国産車ベースのみにフォーカスしたが、バンコンもキャブコンも、輸入車はフィアット「デュカト」(画像2)ベースが多い。

画像2。フィアット「デュカト」ベースのキャブコンの輸入車ADRIA社製「COMPACT SUPRAEME SL」。

画像2。フィアット「デュカト」ベースの輸入キャブコンの1台。スロベニアのADRIA(アドリア)社製「COMPACT SUPRAEME SL」。

国産最高級バンコンの誕生も近い!? 開発が進む「グランエース」ベースのバンコン

画像3。トイファクトリーが出展した、トヨタ「グランエース」ベースのバンコンのコンセプトモデル。

画像3。トイファクトリーが開発中のトヨタ「グランエース」ベースのバンコン。

 トイファクトリーは岐阜に本社を構え、首都圏にも店舗を構えるキャンピングカービルダーの大手のひとつで、今回は11台を出展した。展示会全体の目玉のひとつでもあったのが、トヨタ「グランエース」をベースにしたバンコンのコンセプトモデルだ(画像3)。「グランエース」は2019年12月から販売が始まったばかりのトヨタのミニバン・1BOXの最上級モデルで、600万円超の高級車である。「グランエース」は大型ボディで車内が広く、キャンピングカー向きといえる。同社はそこに目をつけ、早速開発を開始したのである。

 今回のコンセプトモデルは、市販を想定したプロトタイプだ。ただし、まだ仕様は完全にフィックスしておらず、開発はこれから本格的に行われることになるという。「グランエース」はセカンド/サードシートも豪華なキャプテンズシートであることが特徴のひとつだが、今回はそれを活かすために車内にはあまり手をつけなかったとのこと。大きく手を入れられたのはルーフで、ポップアップ仕様にすることで、大人2名の就寝スペースが用意された。出展ブースのスタッフによると、車両価格は「1000万円を超えないようにしたい」とのことであった。

6インチ車高を上げたオフロード仕様が迫力の「ランドワゴン Lino」

画像4。RVランドの「ハイエース」をベースにしたキャンピングカー(バンコン)「ランドワゴン Lino」。

画像4。RVランドの「ハイエース」をベースにしたキャンピングカー(バンコン)「ランドワゴン Lino」。

 茨城県常総市に本社を構え、九州にも展示場を持つRVランド。今回、多くの来場者の目を引いていたのが、ハワイ語で「輝き」の意味を持つ"Lino"の名を与えられたバンコン「ランドワゴン Lino」の特別仕様だ(画像4・5)。「ランドワゴン Lino」はトヨタ「ハイエース」をベースとし、シンプルな車内レイアウトと、モダンなファニチャーを特徴とする。しかし今回は特別仕様としてオフロードスタイルに仕上げられており、まず車高を6インチ(152.4mm)アップ。さらに、フロントの大型のバンパーガードやルーフキャリアなどを装備。そしてボディを初め、車内の家具の多くをブラックで統一することで、とても精悍で迫力のある印象を与えていた。

画像5。RVランドのキャンピングカー(バンコン)「ランドワゴン Lino」の車内。

画像5。RVランドのキャンピングカー(バンコン)「ランドワゴン Lino」の車内。

【ランドワゴン Lino】
ビルダー:
RVランド
車両本体価格:
525万4545円(税別)
展示車両価格:681万1209円(税別)
ベース車両:ハイエース(トヨタ)
種類:バンコン
乗車定員/就寝定員:9名/大人3名+子ども2名
標準装備:給排水タンク(各19L)+シンク、カセット式調理器具、サブバッテリー(100Ah)など
オプション装備:ベバスト製FFヒーター、ポータブル式トイレ、外部電源、サイドオーニング、吸排気用ルーフベンチレーターなど

ミリタリーテイストのタフな1台!「ホビクル・オーバーランダー」

画像6。レクビィ×JAOSによるミリタリーテイストの「ホビクル・オーバーランダー」。

画像6。レクビィ×JAOSによるミリタリーテイストが特徴の「ホビクル・オーバーランダー」。

 愛知県に本社を構えるレクビィは、LACグループ4ブランドと共同出展(ブース合計28台が展示されていた)。話題となったのが、クロスカントリー系四輪駆動車向けを中心にアフターパーツを手がけるJAOS(群馬県)と組んで製作した、「ホビクル・オーバーランダー」だ(画像6)。シンプルさを特徴とした、「ハイエース」ベースのバンコン「ホビクル」シリーズの最新モデルである。

 オーバーランダーとは、クロカン系四輪駆動車などで車中泊やテント生活を繰り返しつつ数か月から数年もかけて長距離移動をする人々、もしくはそれに耐えられるだけの機能や装備が施された車両のことを指す。「ホビクル・オーバーランダー」は、外装にフロントスキッドバーやマッドガードなど、「JAOSワイルドキット」を装着。内装にはオリーブドラブのシートや、各種レールやバーなどが装備され、タフさに加えてミリタリーテイストとしている(画像7)。まさに質実剛健さにあふれたキャンピングカーといえよう。

画像7。レクビィ×JAOSのバンコン「ホビクル・オーバーランダー」の車内。

画像7。「ホビクル・オーバーランダー」の車内。シートのカラーリングもオリーブドラブを採用し、ミリタリー調。

【ホビクル・オーバーランダー】
ビルダー:
レクビィ×JAOS
車両本体価格:
450万円(税別)
展示車両価格:563万7000円(税別)
ベース車両:ハイエース(トヨタ)
種類:バンコン
乗車定員/就寝定員:5名/大人3名+子ども3名
標準装備:給排水タンク(各19L)+シンク、カセット式調理器具、脱着式ダイネットテーブルなど
電気系(家電も含む)標準装備:エアコン、サブバッテリー(115Ah)、走行充電装置、CTEK製昇圧充電システム、過放電防止&主電源スイッチなど
オプション装備:FFヒーター、マックス製ベンチレーター、外部AC入力&充電装置など

→ 次ページ:
大手・ナッツRVやバンテックの新型をチェック

キャンピングカーの関連記事