2019年12月06日 20:00 掲載

クルマ 年末年始の渋滞予測2019~2020。上信越道の台風復旧工事区間で最大10kmの渋滞。

NEXCO東日本は、台風19号で被災した上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける年末年始(2019~2020年)の渋滞予測を発表した。この区間は、現在も災害復旧工事で対面通行が実施されている。1月3日が渋滞ピークで、八風山トンネル付近において最大10kmの渋滞が発生する見込みだ。

JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける対面通行

年末年始|渋滞予測|2019|2020|上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC|対面通行

上信越道(上下)・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける対面通行イメージ。 出典:NEXCO東日本資料

年末年始|渋滞予測|2019|2020|上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC|対面通行の工事イメージ

上信越道(上下)・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける復旧工事の断面イメージ。 出典:NEXCO東日本資料

 上信越道(上下)・碓氷軽井沢IC~佐久ICは、台風19号による影響で長野県佐久市香坂地区の盛土に変状が確認され、下りの走行車線に崩壊のおそれがあったため緊急対策工事を実施。現在は対面通行(上下各1車線)となっている。なお対面通行区間では、時速50kmの速度制限が実施されている。

 NEXCO東日本によると、4車線での通行再開には相当の時間を要するという。そのため、交通の集中する年末年始期間も引き続き復旧工事を行う必要があり、同区間を先頭とした渋滞が発生する見込みだ。

上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICの渋滞ピークは1月3日

年末年始|渋滞予測|2019|2020|上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC|地図

上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICの渋滞イメージ図。出典:NEXCO東日本資料

 NEXCO東日本の発表した渋滞予測によると、上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC間における下り線の渋滞のピークは1月2、3日で最大5km。上り線の渋滞ピークは1月3日で最大10kmの渋滞が発生する見込みだ。同区間における主な渋滞は以下の通り。

年末年始|渋滞予測|2019|2020|上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC|日別渋滞予測

上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける主な渋滞予測。出典:NEXCO東日本資料

【上信越道(下り)・碓氷軽井沢IC ⇒ 佐久ICの渋滞予測】 
・1月2日(木)8~12時 八風山トンネル付近
 渋滞長5km 渋滞ピーク10時 所要時間約20分
・1月3日(金)8~12時 八風山トンネル付近
 渋滞長5km 渋滞ピーク10時 所要時間約20分

【上信越道(上り)・佐久IC ⇒ 碓氷軽井沢ICの渋滞予測】 
・1月3日(金)14~21時 八風山トンネル付近
 渋滞長10km 渋滞ピーク18時 所要時間約40分
・1月4日(土)14~20時 八風山トンネル付近
 渋滞長5km 渋滞ピーク17時 所要時間約20分

 渋滞が発生するのは、上下線ともに対面通行区間の近くにある八風山トンネル付近である。

上信越道・渋滞回避時間は?

年末年始|渋滞予測|2019|2020|上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久IC|時間別渋滞予測

上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICにおける主な渋滞の発生時間。出典:NEXCO東日本資料

 上信越道(下り)・碓氷軽井沢IC ⇒ 佐久ICにおける渋滞は、1月2、3日ともに8~12時に発生する。碓氷軽井沢ICを8時以前または12時以降に通過することで渋滞を回避できるだろう。

 上信越道(上り)・佐久IC ⇒ 碓氷軽井沢ICにおける渋滞は、1月3日の14~21時。1月4日の14~20時に発生する。1月3日は、佐久ICを14時以前または21時以降に通過。1月4日は、佐久ICを14時以前または20時以降に通過することで渋滞を回避できるだろう。


 NEXCO東日本によると、上信越道・碓氷軽井沢IC~佐久ICの渋滞ピーク時には、所要時間が通常の約2.5倍になるという。当該区間の高速道路を利用予定のドライバーは、渋滞予測をチェックし、ピーク時間を避けて出発することが一番の回避方法だ。

ライターお勧めの関連記事はこちら