2019年11月28日 15:50 掲載

クルマ 年末年始の渋滞予測2019~2020。名神高速で25kmの渋滞【NEXCO西日本】

NEXCO西日本は、同社管内の高速道路における年末年始(2019~2020年)の渋滞予測を発表した。渋滞のピークは、上り線で1月2、3日。下り線で1月2~4日。名神高速と九州道で最大25km。第二神明道路で最大23kmの渋滞が発生する見込みだ。

JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

NEXCO西日本管内の渋滞ピークは1月2~4日

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|渋滞予測回数(下り線)

NEXCO西日本管内の日別渋滞予測回数(下り線)。出典:NEXCO西日本資料

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|渋滞予測回数(上り線)

NEXCO西日本管内の日別渋滞予測回数(上り線)。出典:NEXCO西日本資料

 NEXCO西日本によると、上り線の渋滞のピークは1月2、3日。この2日間で10km以上の渋滞が12回発生する見込み。一方、下り線の渋滞のピークは1月2~4日。この3日間で10km以上の渋滞が35回発生する見込みだ。

【NEXCO西日本・年末年始の渋滞回数(ピーク日)】
下り線
・1月2日 10km以上の渋滞が7回発生
・1月3日 10km以上の渋滞が5回発生

上り線
・1月2日 10km以上の渋滞が11回発生(うち1回は25km以上)
・1月3日 10km以上の渋滞が14回発生(うち2回は25km以上)
・1月4日 10km以上の渋滞が10回発生

 NEXCO西日本は、これらの日を避け比較的渋滞が少ない日に利用日を変更するよう呼びかけている。道路ごとの渋滞状況を見てみよう。

名神高速で最大延長25kmの渋滞

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|名神高速の主な渋滞予測名神高速における主な渋滞予測(ピーク時渋滞長15km以上)。NEXCO西日本の資料をもとに作成。

 名神高速において、ピーク時の渋滞長が15km以上となる渋滞区間は以下の通り。

【名神高速の主な渋滞(下り)】
・12月27日(金)15~20時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・12月27日(金)15~20時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約75分(通常より約64分増)
・12月28日(土)15~20時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・12月28日(土)15~20時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約75分(通常より約64分増)
・1月2日(木)9~21時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・1月2日(木)9~21時 竜王IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約80分(通常より約65分増)
・1月3日(金)9~19時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・1月3日(金)9~19時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約60分(通常より約49分増)

【名神高速の主な渋滞(上り)】
・1月2日(木)8~21時 大山崎JCT ⇒ 草津JCT
 渋滞長25km 所要時間約100分(通常より約81分増)
・1月3日(金)9~20時 大山崎JCT ⇒ 草津JCT
 渋滞長25km 所要時間約100分(通常より約81分増)
・1月4日(土)9~21時 京都南IC ⇒ 草津JCT
 渋滞長20km 所要時間約80分(通常より約65分増)

 名神高速で最も長い渋滞は、1月2日と3日に大山崎IC ⇒ 草津JCTで発生。この区間を通過するのに通常の約5.3倍の時間を要する。

中国道・山陽道では最大15kmの渋滞

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|中国道・山陽道の主な渋滞予測

中国道・山陽道における主な渋滞予測(ピーク時渋滞長15km以上)。NEXCO西日本の資料をもとに作成。

 中国道・山陽道において、ピーク時の渋滞長が15km以上となる主な渋滞区間は以下の通り。

【中国道の主な渋滞(下り)】
・1月2日(木)14~19時 中国道・中国吹田IC ⇒ 西宮山口JCT
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)

【山陽道の主な渋滞(上り)】
・1月3日(金)14~20時 山陽道・和気IC ⇒ 播磨JCT
 渋滞長15km 所要時間約36分(通常より約27分増)

 中国道・山陽道では、長い渋滞が比較的少ない見込み。どちらの高速道路も最大15kmの渋滞が発生する。

九州道では所要時間約5倍の渋滞が発生

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|九州道の主な渋滞予測

九州道における主な渋滞予測(ピーク時渋滞長15km以上)。NEXCO西日本の資料をもとに作成。

 九州道において、ピーク時の渋滞長が15km以上となる主な渋滞区間は以下の通り。

【九州道の主な渋滞(下り)】
・1月2日(木)10~15時 小倉南IC ⇒ 宮田SIC
 渋滞長15km 所要時間約45分(通常より約36分増)

【九州道の主な渋滞(上り)】
・1月3日(金)11~21時 菊水IC ⇒ 久留米IC
 渋滞長25km 所要時間約75分(通常より約60分増)
・1月3日(金)14~24時 太宰府IC ⇒ 若宮IC
 渋滞長20km 所要時間約60分(通常より約48分増)
・1月4日(土)11~19時 南関IC ⇒ 久留米IC
 渋滞長15km 所要時間約45分(通常より約36分増)
・1月4日(土)17~23時 須恵IC ⇒ 若宮IC
 渋滞長15km 所要時間約45分(通常より約36分増)

 九州道で最も長い渋滞は、1月3日に菊水IC ⇒ 久留米ICで発生。この区間を通過するのに通常の約5倍の時間を要する。


 このほか、第二神明道路および阪神高速道路にまたがる上り線、魚崎合流付近(第二神明道路・高丸IC ⇒ 阪神高速3号線・魚崎IC)において、1月2日(木)の10~23時頃に最大23kmの渋滞が発生する見込みだ。

 NEXCO西日本管内で特に長い渋滞が発生するのは、1月2、3日の名神高速(上)・草津JCT付近(大山崎JCT ⇒ 草津JCT)と1月3日の九州道(上)・広川IC付近(菊水IC ⇒ 久留米IC)で、どちらも最大延長25km以上の激しい渋滞となる見込みだ。この渋滞を回避するにはどうすればいいのだろう。

名神高速(上)・草津JCT付近の渋滞回避方法

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|草津JCT付近の渋滞回避

名神高速(上)・草津JCT付近(大山崎IC ⇒ 草津田上IC)の予測所要時間。 出典:NEXCO西日本資料

 NEXCO西日本の渋滞カレンダーで最も長い渋滞が発生する1月2日の名神高速(上)・草津JCT付近の予測所要時間を調べてみた。当該区間を含む大山崎IC ⇒ 草津田上ICを走行する場合、渋滞のピークは11~16時で、渋滞がない場合に比べ約4.5倍(約100分)の所要時間が見込まれる。大山崎ICを8時以前または20時以降に通過する場合の所要時間は23分程度なので、これらの時間帯に利用するといいだろう。

 この区間では、草津JCTを先頭として発生した渋滞が、大津ICと大津SAでの合流による渋滞、大津ICの手前2か所にあるトンネルでの速度低下によって発生する渋滞と接続して激しい渋滞となる。

 ちなみに、栗東・名古屋方面へは、大山崎JCTにおいて名神高速と京滋バイパスのルートが選択できるので、当日の交通情報をチェックして混雑していないルートを選択する方法もある。

九州道(上)・広川IC付近の渋滞回避方法

年末年始|渋滞予測|2019|2020|NEXCO西日本|広川IC付近の渋滞回避

九州道(上)・広川IC付近の予測所要時間。 出典:NEXCO西日本資料

 NEXCO西日本の渋滞カレンダーで最も長い渋滞が発生する1月3日の九州道(上)・広川IC付近の予測所要時間を調べてみた。当該区間を走行する場合、渋滞のピークは19時で、渋滞がない場合に比べ約3.3倍(約86分)の所要時間が見込まれる。菊水ICを11時以前または21時以降に通過する場合の所要時間は26分程度なので、これらの時間帯に利用するといいだろう。

 広川ICと久留米ICの間には、サグ部を含むS字カーブが連続していて、このS字カーブを通過する車両の速度低下により渋滞が発生する。この区間を走行する際は、速度低下に注意して運転してほしい。


 NEXCO西日本管内における渋滞の多くは、IC・JCT・SAなどの合流やサグ部などでの速度低下によるもので、通過するのに通常の2~5倍ほどの所要時間が見込まれる。渋滞が予測される区間の高速道路を利用予定のドライバーは、渋滞予測をチェックし、ピーク時間を避けて出発することがどの区間の渋滞においても一番の回避方法だ。

ライターお勧めの関連記事はこちら