2019年11月14日 11:30 掲載

クルマ 【東京モーターショー2019】国内メーカーみどころまとめ!日産・三菱・ヤマハ編

東京モーターショー2019の西展示棟第2ホールに出展された日産・三菱・ヤマハのコンセプトモデルや最新の市販車を取り上げる。

神林 良輔

2台のコンセプトEVを世界初公開した日産、新型「スカイライン」なども

 日産は2台のコンセプトEVを展示したほか、ハンズオフドライブ(ステアリングから手を放しての運転)が話題の新型「スカイライン」、2019年で50周年となる「GT-R」と「フェアレディZ」の特別モデルなどを展示した。まずは、コンセプトEVから紹介しよう。

市販予定のクロスオーバーEV「アリア コンセプト」

日産が東京モーターショー2019で初披露したクロスオーバーEV「アリア コンセプト」。

EVのクロスオーバー「アリア コンセプト」。市販が予定されており、実験的なコンセプトモデルというよりは、市販モデルのプロトタイプに近いようだ。

 まずは、SUVタイプのEV「アリア コンセプト」。同車は市販化が計画されているEVで、今回は量産モデルのプロトタイプに近い。前後に配置したツインモーターによる4輪制御システムを特徴とする。ドライバーの操作に応じて、モーターのトルクやステアリング、ブレーキなどを統合制御することで、舗装路はもちろん、雪道やぬかるんだ悪路などでも思い通りのドライビングを実現するという。

 日産は同車に対し、「デザインとテクノロジーの深い融合によって誕生したクルマで、将来の日産ブランドのデザインランゲージを示したもの」としている。

軽自動車規格のシティコミューター型EV「IMK」

日産が東京モーターショー2019で初披露した軽自動車規格のシティコミューター型EV「IMK」

軽自動車規格EVのコンセプトモデル「IMK」。現在、国内大手メーカー製の軽EVは存在しないため(三菱「i-MiEV」はサイズ変更により軽規格でなくなった)、それを望む声は多い。

 もう1台のコンセプトEVは、軽自動車規格のコンパクトボディが特徴のシティコミューター型EV「IMK」だ。新型EVプラットフォームに低重心パッケージが採用されている。デザインには、都市部の洗練された景観から、日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質さを取り入れたという。

 「IMK」には、日産の最新運転支援技術「プロパイロット2.0」の次世代版が搭載され、高速道路だけでなく一般道の主要幹線路にまで利用範囲を拡大し、ドライバーをサポートするとしている。そのほか、クルマが自動で駐車し、呼び出し時もスマホの操作により自動でやって来る「バレーパーキング機能」も備えるという。

「プロパイロット2.0」を初搭載した新型「スカイライン」

日産が東京モーターショー2019で出展した新型「スカイライン」。運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載。

2019年9月にビッグマイナーチェンジを受けた13代目V37型「スカイライン」(展示車種は「HYBRID GT Type SP」)。フロントマスクも大きくデザインが変わり、「GT-R」に似せた雰囲気となった。

 2014年に登場した現行車種のV37型で13代目となる、歴史あるスポーツセダン「スカイライン」。V37型は2019年9月にビッグマイナーチェンジを受け、運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載。さらに、フロントマスクなどのエクステリアも変更された。

 「プロパイロット2.0」のハンズオフドライブは、高速道路などの自動車専用道路において「プロパイロット2.0」で設定したルートを走行し、同一車線内で行える。ただし、ドライバーは常時前方に注意を配り、道路・交通・自車の状況に応じてすぐにステアリング操作を確実に行える状態である必要がある。

「GT-R」と「フェアレディZ」は50周年特別モデルなどを展示

日産が東京モーターショー2019で出展した「GT-R 50th Anniversary」。

「GT-R 50th Anniversary」。往年の日産ワークスカラーをイメージした特別なツートンカラーとなっており、そのほかエクステリアとインテリアの専用アイテムが多数装備されている。

 「GT-R」(5代目までは「スカイライン」の最上位グレード)、「フェアレディZ」と共に1969年に初代が発売され、今年で50周年を迎えた歴史のあるクルマ。今回、「GT-R」は2020年モデルの中の特別仕様限定モデル「50th Anniversary」と、日産のレース/パフォーマンス部門であるNISMOが手がけた「GT-R NISMO」2020年モデルの2台が、「フェアレディZ」は2020年3月まで発売の限定モデル「50th Anniversary」が展示された。

日産が東京モーターショー2019で出展した「GT-R NISMO」2020年モデル。

「GT-R NISMO」2020年モデル。2018年のレーシングカー「GT-R GT3」のターボを採用し、加速レスポンスが向上。また、新型カーボンセラミックブレーキにより制動性能も大きくアップした。そのほか、外装パーツの一部をCFRP製に変更したことなどから、2019年モデルより約30kgの軽量化に成功している。

日産が東京モーターショー2019で出展した限定モデル「フェアレディZ 50th Anniversary」。

現行の6代目Z34型の限定モデル「フェアレディZ 50th Anniversary」。カラーリングは、1970年の米国のスポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカのレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現したものだ。また、インテリアにも専用装備がある。

→ 次ページ:
続いては三菱!

東京モーターショー2019関連記事