2019年10月08日 14:00 掲載

クルマ 日産は「セレナ」のコンセプトモデルなどを展示。第46回国際福祉機器展(2)

2019年で第46回を迎えた、数々の福祉機器が出展される国際福祉機器展。日産は、福祉車両ライフビークルの「セレナ」にベッドキットを搭載したコンセプトモデルなどの展示を行った。

神林 良輔

 日産の福祉車両は「ライフケアビークル」と呼ばれており、軽商用車「NV100 クリッパー リオ」からマイクロバス「シビリアン」まで、13車種が用意されている。

 福祉車両の種類としては、自動で足元にステップが出て乗り降りがしやすくなるタイプ、シートが手動でドア側に回転して乗り降りがしやすくなるタイプ、シートが車外まで出てきて車いすとの移乗をしやすいタイプ、車いすのまま乗り込めるタイプ、施設や団体などで送迎用途が想定されたタイプなどがある。

初出展のコンセプトモデル「セレナ アドベンチャー ログ キャビン」

日産  セレナ アドベンチャー ログ キャビン(コンセプトモデル)・ベッドキット

日産が初出展したコンセプトモデル「 セレナ アドベンチャー ログ キャビン」を後方から。2・3列目のシートをたたむことでフラットにでき、横になることが可能。

 今回は、コンセプトモデル「セレナ アドベンチャー ログ キャビン(セレナ X CONCEPT MODEL)」が披露された。ベースは、助手席にスライドアップシートを備えたミニバン「セレナ 助手席スライドアップシート」。その2~3列目のシートを折りたたむことでフラットにできるベッドキット仕様を組み込んだものだ。

 ライフケアビークルは「出かける喜びを、一人でも多くの方へ」というテーマで開発されているが、そこに「どんなところへも気軽にクルマでお出かけをしよう」という思いを加えて具現化したという。製品化は、国際福祉機器展などに出展し、来場者の反応を見て参考にするとしている。

日産 ライフケアビークル セレナ アドベンチャー ログ キャビン(コンセプトモデル)・助手席スライドアップシート

「 セレナ アドベンチャー ログ キャビン」の助手席スライドアップシート。車外で車いすからシートに移乗しやすいシステム。足元にはフットレストがあるので、そこに足を載せていれば、ドアに足をぶつける心配もない。シートの昇降に加え、リクライニングやスライドなどもリモコンで操作可能。

電動リフター装備の「NV350 キャラバン チェアキャブ」

日産 ライフケアビークル NV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様

「NV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様」。上写真の「NV350キャラバン」のボディのタイプはスーパーロングボディ・標準幅・ハイルーフタイプ。サードシートをたたむと、合計2名が車いすのまま乗り込める。

 利用者が乗った状態の車いすを押して、スロープを登ってクルマに乗るのはとても労力がいる。電動リフターの方が安全で確実である。

 ライフケアビークルで電動リフターを装備できるのは、上画像のワンボックス大型商用車「NV350キャラバン」と、上述した「セレナ」、マイクロバス「シビリアン」の3車種だ。「NV350キャラバン」に装備されている電動リフターのプラットフォーム部分のサイズは全長1205mm×全幅765mmで、昇降能力(耐荷重)は200kgとなっている。

 ライフケアビークル「NV350 キャラバン」の車内レイアウトは複数用意されており、車いすに乗ったまま最大で4名まで乗り込むことが可能。またストレッチャー利用者も1名まで乗車できる。

電動リフターが昇降する様子。再生時間48秒。

ライフケアビークルはすべて乗降アシスト装置を装備

日産 ライフケアビークル セレナ ハイウェイスター チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名サード仕様

「セレナ」の上級モデル「セレナ ハイウェイスター」をベースにした「チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名サード仕様」。スロープの角度は10度と、ライフケアビークル中で最も浅い角度。スロープは3段階に伸縮させられ、全長は1455mm。

 車いすの利用者が車いすに座ったままクルマに乗り込むには、リフター以外ではスロープが一般的だ。ライフケアビークルでは、リフター装備車も含めて車いすの利用者が座ったまま乗り込めるタイプを「チェアキャブ」と呼ぶ。スロープタイプは「NV100 クリッパー リオ」、「NV200 バネット」、「キューブ」、「セレナ」の4車種が用意されている。スロープの耐荷重は200kg。

 スロープの角度は車種によって異なる。最も浅いのが「セレナ」の10度で、「NV200 バネット」と「キューブ」は11度、「NV100 クリッパー リオ」は14度だ。14度になると利用者の座った車いすを手で押して登るには相当力のいる角度だが、もちろん心配ない。4車種とも、昇降(牽引)能力は120kgの乗降アシスト装置(電動ウインチ)が装備されているので、介護者は脱輪したり転落したりすることがないよう支えるだけでスロープを登っていけるのだ。

日産 ライフケアビークル NV100 クリッパー リオ・後部スロープ

「NV100 クリッパー リオ チェアキャブ」。角度は14度とライフケアビークルの中では最も急角度。ただし全長は1230mmと、「セレナ」よりも22mm短い。乗り降りする際のスペースを確保しやすい。

「ノート e-POWER」もライフケアビークルにラインナップ

日産 ライフケアビークル ノート e-POWER 助手席回転シート

「ノート e-POWER 助手席回転シート」。車いすの利用者以外にも、ヒザの関節痛を抱えている人も重宝するだろう。女性もスカートをはいているときは、こうしてシートが回転してくれた方が足を揃えて乗りやすい。

 エンジンで効率よく発電してモーターで駆動する「ノート e-POWER」も、ライフケアビークルにラインナップされている1車種。助手席のシートは2種類から選べ、上画像はシンプルな手動式の回転シートだ。回転角度は65度(「ノート」(ガソリン車)は55度)だ。助手席側のドアにある手動ストラップを引くと助手席が回転してくれるので、座ったらグリップなどを使って正面に向き直すのである。

 また「ノート e-POWER」には、コンセプトモデル「セレナ アドベンチャー ログ キャビン」で紹介した助手席スライドアップシートも用意されている。

日産 ライフケアビークル ノート e-POWER ラゲッジに車いすを収納

「ノート e-POWER」はコンパクトカーだが、荷室には車いすも収納可能。展示車両には、積み降ろしをサポートする小型ウインチが備え付けられていた。また、車いすを出し入れする際にボディに傷がつかないよう、カバーも用意されている。


 冒頭で紹介したコンセプトモデル「セレナ アドベンチャー ログ キャビン」は、フルフラットにできる特徴から、キャンピング用途としても楽しそうだ。福祉車両だからといって堅苦しくある必要はなく、クルマで出かける楽しさをコンセプトとした福祉車両がもっとあってもいい。今後も、車で外出したくなるような福祉車両の提案に期待したい。

第46回国際福祉機器展関連の記事