2019年10月07日 16:31 掲載

クルマ 車の「最小回転半径」の中心と
後輪の意外な位置関係とは?


文と構成=横内 信弘 写真と動画=勝尾 仁

ejison16M7_08.png

 円の中心が運転席よりずいぶん後ろにあることに、なんだか違和感がありますね...。

 この違和感は、一体何なのでしょう??

 新井さんによると、実はこの点が、最小回転半径を正しく理解するうえで重要なポイントだと言います。

「例えば、今回の『最小回転半径4.7m』の車の正面に壁があるとします。そして、その壁に当たらないようにめいっぱいハンドルを切って(フルロックで)、写真のように左折するとしましょう。すると、この壁と停車している車の先端との間に必要な距離は、4.7mよりもずっと短い長さで十分なんです(最小回転半径の円の外側になる右フェンダー部分を差し引いたとしても十分短い)。下の図のように、正しい最小回転半径のイメージと間違った最小回転半径のイメージを比較すると、分かりやすいですよ」(新井インストラクター談)

ejison16M7_09.png

 なるほど! こういうことだったんですね。

「小回りの良さ」って、つい運転席(前輪)を中心にイメージしてしまいがち。その目安となる最小回転半径も、当然運転席(前輪)が基準になるものだと思い込んでいました...。

 でも、本当はそうではなく、最小回転半径の円の中心は、後輪(後軸)の延長線上にある。だから、壁までの距離4.7mの中に、すでに車の大半が含まれてしまっているんですね。

 円の中心の位置が分かった時に抱いた違和感は、横内の思い込みとの差異によるものだったというわけです。

→次ページ:正面の壁を曲がり切る場合とUターンする場合の違いとは?