2019年10月07日 16:31 掲載

クルマ 車の「最小回転半径」の中心と
後輪の意外な位置関係とは?


文と構成=横内 信弘 写真と動画=勝尾 仁

ejison16M7_05.png

 円が描き終わりました。結構きれいな正円で描けました! 実験は大成功、バンザーイ。

 いえいえ、これから、半径を計測するんでした...。半径を計測するためには、円の中心がどこなのかが分からなければなりません。

 さて、円の中心の求め方。どのように求めるか皆さん覚えていますか? そう、コンパスを使って求めるアレです。学校で習いましたよね?

ejison16M7_06.png

 円の中心が分かりました! ここから半径を計測してみると4.9mあります。あれ、カタログに記載されていた最小回転半径4.7mより長くなってしまいました...。

 どうしましょう、新井インストラクター?

「カタログの数値は、タイヤの接地面の中心からの理論値です。今回の計測はタイヤの外側の軌跡を描きそこからの実測値なので、このくらいの誤差が生じてもやむを得ないと思います」(新井インストラクター談)。

 たしかに、そうでした! もしかして、結構な精度で円が描けているんじゃないでしょうか?!

 あれ、でもちょっと待ってください。

 そういえばこの円の中心、車に対して随分後ろにあるんですね。何というか、思っていたイメージと違うというか...。

ejison16M7_07.png

実は最小回転半径の中心は、常に2つの後輪の中心を通る直線上に位置しているんですよ」と新井インストラクターは話します。

 それって、すなわちどういうことなんでしょうか??

→次ページ:円の中心が後軸の延長線上にあると、円はこう描かれる。