クルマ 人気レースクイーンたちがゆかた姿で集まった! オリジナルショットを一挙公開【ギャルパラ七夕祭り】

 7月7日、東京・秋葉原でレースクイーンとファンの親睦会である「ギャルパラ七夕祭り」が開催された。このイベントのハイライトは、日本レースクイーン大賞の新人部門グランプリ発表会。新人グランプリの行方に話題が集まる中、もうひとつの注目ポイントはレースクイーンたちのゆかた姿だった。サーキットや他イベントとは一味違った雰囲気の中、涼しげな彼女たちのショットを紹介していこう。

2019年07月22日 02:50 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

この日は新人グランプリの候補者以外にも、人気レースクイーンが多数参加し、レアなゆかた姿を披露した。

「ギャルパラ七夕祭り」はレースクイーンとファンの親睦会

 人気レースクイーンがいずれもゆかた姿で参加することで、七夕祭りの名にふさわしい雰囲気に包まれた「ギャルパラ七夕祭り」。そんなイベントの中で撮影したレアなショットをたっぷり紹介いこう。

まずは新人グランプリ候補者たちのショット!

 この日に発表された「日本レースクイーン大賞新人部門グランプリ」の候補者も、イベントではゆかた姿で登場。結果発表に不安を抱いている彼女たちも、懇親会では和気あいあいとファンと語らい、撮影にも快く応えてくれた。

藤井 マリー(ふじい・まりー)

藤井 マリー(ふじい・まりー)

 アイドルユニット「恵比寿マスカッツ」のメンバーでもあり、この1年はタレントとしても大きな転換期となった藤井マリー。普段は洋風なイメージが強いが、白をベースにパープルをアクセントとしたゆかたがよく似合っていた。

津田 知美(つだ・ともみ)

津田 知美(つだ・ともみ)

 他の新人レースクイーンの仲間に積極的に話しかけ、和気あいあいと仲良くしていた姿が印象的だった津田知美。持ち前の笑顔とコミュニケーション力で、新人レースクイーンのリーダー的な振る舞いが好印象。大人っぽい浴衣もキャラクターにピッタリ。

藤井マリーと津田知美のツーショット

藤井マリーと津田知美のツーショット。同じ新人部門ファイナリスト同士だが、とても和やかな雰囲気だった。

月愛 きらら(かぐあ・きらら)

月愛 きらら(かぐあ・きらら)

 なんと2003年生まれの15歳! さらに176㎝の長身と、いろいろ目立つ要素も多い月愛きらら。渋谷系アイドルユニット「SCRamBLE」のメンバーでもあり、アイドル活動も含めコスチューム姿の印象が強いが、白を基調とした涼しげな浴衣姿もなかなかのお似合いだ。

澤田 実架(さわだ・みか)

澤田 実架(さわだ・みか)

 この日のレースクイーン大賞新人部門では、見事に準グランプリとなった澤田実架。キュートなルックスにオレンジをベースにしたゆかたがピッタリ。「ZENTsweeties」のルーキーとしてもこれからの活躍が大いに期待されている。

水瀬 琴音(みなせ・ことね)

水瀬 琴音(みなせ・ことね)

 昨年9月に事務所に所属し、今年度はさっそく「Moduloプリティ」のメンバーとなった水瀬琴音。笑うとふにゃっと垂れる目と、しゃべりだすと思わずノッてしまうキャラに魅せられたファンが多く集まっていた。

有栖 未桜(ありす・みお)

有栖 未桜(ありす・みお)

 ピンクのアクセントで統一したゆかたで登場した有栖未桜。所属チーム「T-DASH JLOC エンジェル」の真っ赤なコスチュームを着た時のシャープなイメージとはガラリと変わった和やかな雰囲気が印象的だった。

一希 紫音(いつき・しおん)・織田 真実那(おだ まみな)

一希 紫音(いつき・しおん)・織田 真実那(おだ まみな)

 この日、新人グランプリにエントリーした一希紫音(左)と同じ「ドリフトエンジェルズ」の先輩となる織田真実那のツーショット。ファンとの交流を楽しみながら、オードブルの料理をモグモグと一緒に食べる様子から、2人の仲の良さがうかがえた。

→ 次ページ:
人気レースクイーンがまだまだ登場!

ライターお勧めの関連記事はこちら