クルマ ドキュメント・オブ・日本レースクイーン大賞2019「新人グランプリ発表!」その時、受賞者3人は?

2019年07月10日 13:55 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

いよいよRQ大賞2019新人部門受賞者3人が決定!

 いよいよ新人部門の結果発表である。レースクイーン大賞の新人部門は、最初にグランプリ候補となる上位3人が発表される。ここで名前を呼ばれたのが澤田・高橋・橘の3人。3人はグランプリ候補として改めて登壇した。

澤田 実架(さわだ みか)、上位3人に選ばれた時の表情日本レースクイーン大賞2019『新人部門』受賞者・澤田 実架(さわだ みか)

 グランプリ候補として登壇した3人の中で、一番複雑な表情を浮かべていたのが澤田だ。上位3人に選ばれた瞬間、喜びで満面の笑みを見せたかと思うと、次の瞬間には戸惑いの表情に。なるべく笑顔を見せようと気丈に振る舞いつつ、内面では極度の緊張と必死に戦っている様子が、ありありと表情に現れていた。

高橋 菜生(たかはし なお)、上位3人に選ばれた時の表情日本レースクイーン大賞2019『新人部門』受賞者・高橋 菜生(たかはし なお)

 先ほどのスピーチでは淡々とした印象だったものの「できることは全力で頑張れた」と言っていただけに、やり切った結果として名前が呼ばれたことに、達成感に満ちた笑顔を浮かべていた高橋。涙ぐみながらも、コツコツとここまで登り詰めたという実感を噛みしめているかのような表情で、じっと目の前を見据えていた。

橘 香恋(たちばな かれん)、上位3人に選ばれた時の表情日本レースクイーン大賞2019『新人部門』受賞者・橘 香恋(たちばな かれん)

 結果発表直前スピーチでは、周囲を不安にさせるほど動揺していた橘だが、上位3名に選ばれたことで自分自身を取り戻したかのように喜びの笑みを浮かべた。「もし無冠で終わってしまったら」ー。橘を襲っていたプレッシャーが、ここで一気に跳ねのけられた。改めて壇上に立った橘はしっかり目を見開き、むしろこのプレッシャーを楽しんでいるかのような表情へと一転。思いもよらぬメンタリティの強さを発揮して、周囲を驚かせた。

 3人がグランプリ候補として登壇した際、早めにステージに上がった澤田と高橋は、目を合わせるとそのまま抱き合って喜びを称え合った。このステージ上で互いはライバルだが、それ以上にここまでたどり着くことができた仲間であり、2人はその絆を確かめ合っているようにも見えた。

上位3名に選ばれた喜びを称えあう澤田 実架と高橋 菜生。

→ 次ページ:
いよいよ新人部門グランプリが発表に!

ライターお勧めの関連記事はこちら

フォトギャラリー