2019年06月28日 00:46 掲載

クルマ クルマで移動する営業マンは注目。出先でのパソコン作業に救世主!【国際 文具・紙製品展】

 出先でノートパソコンを開くことも多い昨今。クルマで移動する営業マンの場合、時には駐車した車内でパソコン作業をしたいと思うこともあるだろう。そんなシチュエーションで重宝しそうなアイテムを「第30回 国際 文具・紙製品展」で見つけたので紹介していこう。

タグ:

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

 国際文具・紙製品展とは、文具・紙製品・オフィス用品に関する展示・商談会のこと。国内だけでなく海外の文具、オフィス用品のバイヤーと商談ができる場として、全国各地から多くの業者が参加。毎年、魅力的な新商品が発表され注目を集めている。そんな中、Park blog編集部が「クルマを使う人がちょっとほしくなるアイテム」として見つけたのがこの製品だ。

鞄としても使えるポータブルデスク

鞄としても使えるポータブルデスク

一見ただの台にしか見えないが、外出先でのパソコン操作の際にもこれが大活躍する。

 株式会社アスカのブースで発見した「ポータブルデスク」は、約10度の傾斜で正しい姿勢を保ち疲れを軽減してくれるアイテム。開発時にさまざまな角度を試した結果、もっとも違和感なく作業できるのが10度の傾斜だったとのこと。この傾斜設計により、猫背になりがちなノートパソコンでの作業をサポートしてくれる。なお、傾斜している分、手前側にはストッパーが付いており、パソコンや小物が滑り落ちないようになっている。また、手元には持ち手が付いており、中にさまざまなグッズを収納することもできるので、鞄としても使用することが可能だ。

 このアイテム、外出先でも活躍すること間違いなし。特にクルマで移動する営業マンにとっては、出先でパソコン操作が必要な場合に重宝しそうだ。シートバックを完全に倒せばテーブルになる車種もあるが、大抵の乗用車の車内にはパソコンが使えるような適当な台となるものがない。かといって助手席で作業しようとすると、ダッシュボード上にパソコンが置けるほどスペースはなく、ヒザの上にパソコンを置いて作業するのも位置が低すぎてしんどいものがある。そんなシチュエーションでの救世主となりそうなのが、このポータブルデスク。このアイテムを膝に乗せてその上で作業することで、高さが増してパソコンを操作がとても楽になる。

横にスライドする引き出し式の収納が付いているので、鞄代わりに出先で必要なアイテムを持ち運ぶこともできる。

キッズ向け学習台も!

キッズ向けの学習台は、収納スペースが上に大きく開くタイプ。右のスペースはA4サイズを縦に収納できるようになっている。

 このアイテム、そもそもキッズ向けの学習台として開発されたもの。パソコンのみならずノートや参考書などを開いても正しい姿勢を保って机に向かうことができると、塾通いの子どもたちにも好評。鞄代わりに活用されているとのことだ。

 キッズ向けの「どこでも学習台」はメーカー希望小売価格3,600円(税別)で発売中。ビジネスユースを想定した「ポータブルデスク」の流通はこれからだが、メーカー希望小売価格4,000円(税別)での発売を予定しており、夏以降に大手ホームセンターなどで目にすることができそうだ。