クルマ 今年はこの3人がイベントを盛り上げる! 富士スピードウェイ イメージガール「クレインズ」【サーキットのアイドルたち】

 レースクイーンやサーキットのイメージガールをチームごとに紹介する新連載【サーキットのアイドルたち】。第1回に紹介するのは、富士スピードウェイのイメージガール「クレインズ」だ。

2019年06月11日 15:36 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

2019年度、第14期にあたるクレインズのメンバー。左から柊みずほ、城戸ひなの、相田美優の3人が今期のメンバーだ。

クレインズって、どんなユニット?

 富士スピードウェイで開催されるレースの魅力や観戦の楽しさをPRする「クレインズ」。2006年に発足し、毎年春にメンバー3人が選出・発表される。2019年のメンバーに選出されたのは柊みずほ、城戸ひなの、相田美優の3人だ。

 クレインズの3人は、富士スピードウェイの主要レース開催期間中は、場内放送でのインフォメーション告知やピットウォーク、決勝レース直前のタイミングボード掲出など、会場を盛り上げる大きな役割を担っている。ちなみにイベント広場ステージプログラムへの出演時は、彼女たちに間近で会える大きなチャンスだ。

5月3日に開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 FUJI GT 500km Race」予選日の様子。この日は令和最初の「SUPER GT」。クレインズの3人にとっても令和最初のお仕事となった。

 ちなみに「クレインズ」とは「鶴」の英訳「CRANE」の複数形。2005年に富士スピードウェイがリニューアルした際、グランドスタンドの屋根を「折鶴」をモチーフにデザインしたことに由来している。

今年度のクレインズ、デビュー日の様子を激写!

 2019年春に選出された新生クレインズ、デビューイベントとなったのは4月6日(土)・7日(日)に東京・お台場で開催された「モータースポーツジャパン2019」だった。Park blog編集部では、クレインズのデビュー日にイベント取材を敢行。幸運にも、デビュー当日の初々しい姿を撮影することができた。

「モータースポーツジャパン2019」の初日、午前中に開催された「レースクイーンステージ」がクレインズの初お披露目となった。ちなみにこのポーズはクレインズの由来となっている「折り鶴」を模したものだ。

モータースポーツジャパン2019では、富士スピードウェイのステージトラックも登場。クレインズとしての初仕事にもかかわらず、サーキットの魅力をアピールする姿は堂に入っていた。

モータースポーツジャパンに登場した彼女たちの様子をもっと見たい人はこちら!
モータースポーツジャパン2019 レースクイーン&コンパニオン紹介【後編】

→ 次ページ:
クレインズの3人をひとりずつ紹介!