ライフスタイル 今冬は首都圏で大雪の可能性も!? 12~2月の長期天気予報を日本気象協会に聞いてみた【ギャラリー】

気象庁仙台気象台が9月25日に発表した「寒候期予報の解説」より。偏西風が蛇行しており、大陸からの寒気を防ぐ形となると予想されている。

日本気象協会「tenki.jp」より。2017年12月26日15時の天気図で、強い冬型の気圧配置。

日本気象協会「tenki.jp」による2018年1月22日21日の実況天気図。関東地方の南方、太平洋上に996hPaの低気圧が南岸低気圧。