2020年01月14日 18:50 掲載

ライフスタイル 首都高・小松川JCT開通の効果速報。小松川JCT⇔埼玉方面はC2が早い!


タグ:

神林 良輔

平井大橋入口の利用台数が大きく減少

 最後は、小松川JCT周辺の首都高入口の利用台数による比較で、一般道の交通量がどのように変化したのかを見てみよう。

 小松川JCTの開通前は、C2と7号小松川線を利用して千葉~埼玉・北関東方面を往来する場合、E14京葉道路・篠崎IC~C2・平井大橋出入口間は一般道を通る必要があった(画像9)。そのため、葛飾区および江戸川区の一般道における渋滞の一因となっていたのである(画像9の赤の一般道が渋滞の発生しやすい区間)。

画像9。小松川JCT周辺の入口の交通量の変化と一般道。

画像9。小松川JCT周辺の一般道並びに首都高の入口(篠崎ICはE14京葉道路の出入口)。赤は主要渋滞区間(※4)。

※4 主要渋滞区間:出典は2013年1月に開催された首都圏渋滞ボトルネック対策協議会による「2012年首都圏の主要渋滞箇所の特定結果」より。

 そこでC2・平井大橋入口、7号小松川線一之江入口、新設されたC2・中環小松川入口の1日の交通量も調査された。期間は、開通前1週間が2019年11月25~29日、開通後1週目が2019年12月2~6日、開通後2週目が2019年12月9~13日だ。

 C2・平井大橋入口の1日の交通量は、開通前と開通後で大きく変化。開通前1週間は1日5200台だったが、開通後1週目で1日4510台まで減少し、開通後2週目は若干戻って1日4570台となった。おおよそ600台の減少である。これは、まず小松川JCTが開通したことでE14京葉道路・篠崎ICからC2・平井大橋入口までの間を一般道で通行する必要がなくなったことが要因のひとつと考えられる。また、環状七号線(国道318号)からアクセスのいい7号小松川線・一之江入口からもC2に乗れるようになったこと、C2・中環小松川入口も小松川JCTと同時に開通したことなども影響していると思われる。

7号小松川線・一之江入口は大きく増加し、新設の中環小松川入口も順調に増加中

 その7号小松川線・一之江入口だが、開通前1週間は1日に3470台だったのが、開通後1週目では1日4110台に、そして開通後2週目では1日4420台となった。ほぼ1000台の増加である。上述したように、これは環七からアクセスのいい一之江入口が、小松川JCTの開通でC2に入れるようになったことで、C2・平井大橋入口からの転換が行われたことが推測される。

 そして小松川JCTと共に新設されたC2(内回り)用の入口である中環小松川入口は、開通後1週目で1日630台、同じく2週目で1日710台と伸びてきている。一之江入口のように1000台に至らなかったのは、近くを通る船堀街道が環七ほどキャパシティのない道路であることも影響していると思われる。中環小松川入口の開通が今後浸透していけば、利用するドライバーが増加していくのは間違いないだろう。


 今回のデータから、小松川JCTの開通により、C2と7号小松川線の交通量が増え、利便性が大きく上がったことが証明されたといえるだろう。C1、C3外環道に続く第3のルートができたことで、千葉~埼玉・北関東方面の往来はより便利になったのは間違いないようだ。

高速道路関連記事