2020年03月17日 18:50 掲載

ライフスタイル 開通前に予習! 首都高・横浜北西線利用マニュアル:横浜港北IC・JCT編

3月22日(日)16時に開通した、首都高・神奈川7号横浜北西線。同路線は両端に横浜港北と横浜青葉のふたつのIC・JCTがあるが、どちらも少々複雑な構造をしている。そこで、ここでは首都高が公開している動画をまとめ、利用マニュアルとしてみた。まずは横浜港北IC・JCTから取り上げる。

神林 良輔

画像1。横浜港北IC・JCT。2019年11月にドローンから撮影されたもの。

画像1。横浜港北IC・JCT。2019年11月にドローンから空撮されたもの。2020年3月撮影の動画1と比較すると、地上部分の連絡路が未完成。

 横浜だけでなく、首都圏そのものの高速道路ネットワークを大きく進化させるとして期待されている首都高・神奈川7号横浜北西線(K7北西線)。東側(港湾部側)の横浜港北IC・JCT(画像1)は4方向のフルICで、K7北西線が首都高・神奈川7号横浜北線(K7北線)およびE83第三京浜と接続するJCTだ。そして西側(内陸部側)の横浜青葉IC・JCTは厚木街道(国道246号)およびE1東名高速と接続している(画像2)。

画像2。首都高・神奈川7号横浜北西線の全線マップ。両端にIC・JCTがある。

画像2。K7北西線の全線マップ。両端にIC・JCTがある。

 ここでは、YouTube「首都高速道路株式会社」チャンネルで公開されている、横浜港北IC・JCTを舞台としたCGによる走行シミュレーション動画を、一般道からのアクセスなど、シチュエーション別に分類して掲載した。動画は走行時に実際に見える様子をドライバー視点で模擬した内容となっており、同時にどの地点を走行しているのかをワイプのナビゲーションマップで確かめられるようになっている。動画は全8本あり、走行時の注意点とともに掲載した。

画像3。首都高が公開している神奈川7号横浜北西線のCGシミュレーション動画。

画像3。首都高が公開している横浜港北ICの走行シミュレーション動画のイメージ。

【K7北西線(上り)関連】
動画2:K7北西線(上り)⇒K7北線(上り)
動画3:K7北西線(上り)⇒横浜港北IC出口

【一般道⇒K7北西線(下り)関連】
動画4:一般道・新横浜元石川線(あざみ野・綱島・港北ニュータウン方面)⇒K7北西線(下り)
動画5:一般道・新横浜元石川線(新横浜方面)⇒K7北西線(下り)
動画6:一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面⇒K7北西線(下り)

【一般道⇒K7北線(上り)関連】
動画7:一般道・新横浜元石川線(あざみ野・綱島・港北ニュータウン方面)⇒K7北線(上り)
動画8:一般道・新横浜元石川線(新横浜方面)⇒K7北線(上り)
動画9:一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面⇒K7北線(上り)

幾重ものループが美しい横浜港北IC・JCT

 各動画の解説に入る前に、まずは横浜港北IC・JCTそのものについて説明しておこう。画像4の通り、同IC・JCTは少々複雑な構造をしている。その理由のひとつが、第三京浜・港北ICと横浜港北ICが隣接している点だ。それぞれ出入口があるため、入口を間違えやすいといえる。

 そして出入口と本線を結ぶ連絡路は先の見通せない急カーブが多い上に、最大傾斜5~8%(8%は10mで80cmの高低差の変化がある)の急坂路が特徴だ。また分岐する箇所では行き先間違いをなくすため、路面の舗装を赤と青で塗り分ける方式が採用されている。

画像4。首都高・神奈川7号横浜北西線と同北線、および第三京浜が接続する横浜港北IC・JCT。少々複雑な構造をしている。

画像4。K7北西線とK7北線、および第三京浜が接続する横浜港北IC・JCT。少々複雑な構造をしている。

 動画1は、2020年3月にドローンによって撮影された空撮画像だ。2月の現場公開時は完了していなかった舗装もすべて完了し、アスファルトの黒さが完成したての真新しさを感じさせてくれる。

動画1『K7横浜北西線 横浜港北JCT2020年3月の工事状況』。横浜港北IC・JCTの空撮動画だ。再生時間2分1秒。

→ 次ページ:
走行シミュレーション動画を紹介

首都高・神奈川7号横浜北西線の関連記事