2020年03月16日 18:20 掲載

ライフスタイル 「ギャランFTO」は70年代の香りとともに。【ジオラマ作家・杉山武司の世界:その3】

YouTube「JAFで買う」チャンネルにて、ミニカー「ノレブ」シリーズのプロモーション動画が公開中だ。映像作家・尾形賢氏とジオラマ作家・杉山武司氏のコラボレーションによって制作され、4作品を視聴可能。プロモ動画中で使用された杉山氏のジオラマの魅力に迫る第3弾は、1971年登場の三菱のスポーツカー「ギャランFTO」編だ。

神林 良輔

画像1。ジオラマ作家・杉山武司氏の作品のひとつ、昭和の町の整備工場。通称「ガレージタケダ」。

画像1。ジオラマ作家・杉山武司氏の作品のひとつ、昭和の町の整備工場。通称「ガレージタケダ」。

 「ノレブ」とは、世界的な知名度を持つフランスのスケールモデルブランドである。JAF通販紀行では、同ブランドの1/43スケールのミニカーシリーズから、1960~70年代に同じ国産メーカーから発売された2車種を1セットにして「懐かしの名車シリーズ」として販売。プロモーション動画は、同シリーズで扱われた4車種を題材にしたものである。そして、その背景を彩っているのが、ジオラマ作家・杉山武司(すぎやま・たけじ)氏が製作したミニチュアの建物たちだ。

 杉山氏は、2002年に立体画家の第一人者であるはがいちよう(芳賀一洋)氏に師事し、2007年からは故郷の滝川市(北海道)にて本格的なクリエイターとしての活動を開始した。昭和のレトロ風や無国籍なイメージのジオラマで人々を魅了し続けており、個展なども開催されている。

 そんな杉山氏のジオラマに惚れ込んだのが映像作家の尾形賢氏で、プロモ動画の撮影に際して協力を打診。二人のコラボレーションにより、1960~70年代の空気をまとった珠玉の映像が完成したのである。なお、プロモ動画「三菱 ギャランクーペFTO GSR 1971年式」編(以下、「ギャランFTO」編)は、記事の最後に掲載した。

「ギャランFTO」編に登場するジオラマの魅力に迫る

画像2。ジオラマ作家杉山武司氏の作品のひとつ、町の整備工場。通称「ガレージタケダ」。

画像2。昭和のレトロな雰囲気をした町の整備工場「ガレージタケダ」。

 「ギャランFTO」編にはふたつの建物が登場する。ひとつが、今回取り上げる町の整備工場だ。看板にある工場名から取って、通称「ガレージタケダ」と呼ばれる(画像1・2)。記事その1で取り上げたマツダ「ルーチェ ロータリークーペ」編の「ワーゲンガレージ」(画像3)も昭和の町の整備工場が題材だが、「ガレージタケダ」はまたそれとは異なる見所がある。

画像3。ジオラマ作家杉山武司氏の作品のひとつ、昭和の町の整備工場。通称「ワーゲンガレージ」。

画像3。杉山氏の作品のひとつ、昭和の町の整備工場。通称「ワーゲンガレージ」。記事その1で紹介した。

 そしてもうひとつの建物は、記事その2の「ギャランGTO」編で取り上げた「メキシコカーズ」(画像4左)。無国籍な雰囲気のショールームが題材のジオラマ「メキシコカーズ」の詳細については、記事その2をご覧いただきたい。「ギャランFTO」編では、「メキシコカーズ」の左隣に「ガレージタケダ」が並べられて撮影された。

画像4。ジオラマ作家杉山武司氏の作品のひとつ、無国籍なイメージのショールーム。通称「メキシコカーズ」。

画像4。左が、記事その2で取り上げたショールーム「メキシコカーズ」。「ギャランFTO」編では、「ガレージタケダ」と並べて撮影された。

 動画の主役である三菱のスポーツカー「ギャランFTO」(画像5)は正式には「ギャランクーペFTO」といい、三菱のスペシャリティカーの第2弾として1971年に発売された。「GSR」とは最上位グレードの名称である。三菱初の本格的なスペシャリティカーとして1970年に発売された「ギャランGTO」(画像4のオレンジ色のクルマ)の弟分的な位置づけである。なお、「ギャランFTO」に関する詳細は、プロモ動画をご覧いただきたい。

画像5。「ノレブ」ブランドの1/43スケールミニカー・三菱「ギャランFTO GSR」1970年式。

画像5。三菱「ギャランFTO GSR」1971年式。三菱のスポーツカー(スペシャリティカー)第2弾として登場した。

→ 次ページ:
「ガレージタケダ」のポイントとは?

旧車関連の記事