2020年01月08日 17:30 掲載

ライフスタイル ル・マンの大逆転を描いて全米1位発進!映画「フォードvsフェラーリ」が熱い

1966年のル・マン24時間レースを題材にした映画「フォードvsフェラーリ」が1月10日より公開される。ル・マン6連覇中のフェラーリに、優勝経験ゼロのフォードで勝つというプロジェクトに挑んだ男たちの実話がベースとなった作品だ。

JAFメディアワークス IT Media部 小林 祐史

映画「フォードvsフェラーリ」のGT40と330P4

劇中のフォードGT40(奥)とフェラーリ330P4(手前)。

映画 『フォードvsフェラーリ』 2020110日(金)全国ロードショー
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
http://www.foxmovies-jp.com/fordvsferrari/

フォードの矛先はル・マンに向けられる

 事の始まりは、フォードによるフェラーリ買収が交渉成立寸前で決裂したことだった。その決裂後にフェラーリがフィアット傘下に入ったことで、フォード会長のヘンリー・フォード2世はさらに激怒! ヘンリーが感情の矛先を向けたのは「ル・マン24時間レース」。フェラーリが得意とする分野で雪辱を果たそうと考えたのだ。

映画「フォードvsフェラーリ」のヘンリー・フォード2世

ヘンリー・フォード2世(トレイシー・レッツ)のフェラーリに対する怒りが、「ル・マン挑戦」の原動力となる。

 しかしフォードはアメリカ自動車業界を代表する巨大企業ながら、ル・マンでの優勝経験はゼロ。一方のフェラーリはル・マンでの連続優勝記録を更新中だった。1964年から始まったフォードのル・マン挑戦だが、最初の2年は惨敗に終わる。

→そんな無理難題を託されたのは

ル・マン24時間レースに関連する記事