2020年01月09日 22:20 掲載

ライフスタイル 2020年春に開通予定の高速道路まとめ

2020年1月8日現在、全国の高速道路において春までの開通が予定されている新規区間についてまとめてみた。

タグ:

神林 良輔

 今回は、一般国道の自動車専用道路は除いて、全国の都市高速および都市間高速を対象とした。首都高が1路線、NEXCO中日本が2路線、阪神高速が1路線の合計4路線だ。

首都高:神奈川7号横浜北西線が3月22日16時に開通

画像1。2020年3月22日(日)16時に開通する首都高・神奈川7号横浜北西線の建設中の様子。

画像1。首都高・神奈川7号横浜北西線の建設中の様子。

 首都高では、神奈川7号横浜北西線(K7北西線、画像1および2)が3月22日(日)16時に開通する。K7北西線は、E1東名高速および厚木街道(国道246号)接続する横浜青葉JCT・ICから、第三京浜ならびに首都高・神奈川7号横浜北線(K7北線)と接続する横浜港北JCT・ICまでをつなぐ約7.1kmの高速道路だ。

 K7北西線が開通することで、首都圏の交通が大きく変わると期待されている。東名高速の静岡・名古屋方面から東京へ、さらにはその先の埼玉およびその以北、また千葉などへ高速道路で向かう場合、K7北西線が開通することで横浜青葉JCTから複数のルートが選べるようになるからだ。

画像2。首都高・神奈川7号横浜北西線のルートと、横浜の高速道路ネットワーク。

画像2。K7号北西線のルート(緑色)と、横浜の高速道路ネットワーク。右下は渋滞が慢性化している保土ヶ谷バイパスの様子。

 また、港湾部と内陸部をつなぐ幹線道路が増え、横浜の高速道路ネットワークが強化されることも大いに期待されている。現在、港湾部と内陸部をつなぐ幹線路は保土ヶ谷バイパス(国道16号)1本しかないため、交通が集中してしまっている(画像2)。全国でも指折りの慢性的な渋滞が問題となっており、その影響で周辺の道路(川崎町田線や日吉元石川線など)も渋滞が多く発生してしまっている。しかし、今回の開通で保土ヶ谷バイパスやそうした周辺の道路の交通が一部転換し、渋滞が緩和するものと予想されている。

 なお開通を記念し、首都高速では一般向けイベントを実施する予定だ。K7横浜北西線をマラソンできるファンランイベントが2月29日(土)に、一般公開イベントが3月8日(日)に開催される。

NEXCO中日本:E1A新東名高速・伊勢原JCT~伊勢原大山ICが2020年春に開通予定

 E1A新東名高速の神奈川県・伊勢原JCTから静岡県・御殿場JCT間は、4区間に分割して工事が進められている。本来、最も東側の伊勢原JCTから伊勢原大山ICまで約2kmの区間は、2019年内の開通予定だった。しかし、台風19号の影響で建設資材の調達に支障が生じたため延期となり、2020年3月まで(2019年度内)に開通することとなった。ただし1月8日現在、詳細な開通日時は決定されていない。

画像3。新東名高速の東側の工事区間・伊勢原JCT~御殿場JCTの開通スケジュールを記したマップ。

画像3。新東名高速の東側の工事区間・伊勢原JCT~御殿場JCTの開通スケジュールを記したマップ。

 ちなみに、御殿場ICから御殿場JCTまでの約7kmの区間も2020年度の開通予定だが、詳細な開通時期は未定となっている。

→ 次ページ:
続いては中部および関西

高速道路の関連記事