2019年12月26日 18:50 掲載

ライフスタイル 阪神高速・西船場JCTの信濃橋渡り線開通まであと1か月!

阪神高速・西船場JCTの信濃橋渡り線が2020年1月29日(水)に開通する。これにより、16号大阪港線(東行き)と1号環状線(北行き)が直接接続し、阪神高速のネットワークがより充実することになる。

タグ:

神林 良輔

画像1。1月29日(水)の早朝4時に開通する阪神高速・西船場JCTの連絡路である信濃橋渡り線。

画像1。1月29日(水)の早朝4時に開通する阪神高速・西船場JCTの連絡路である信濃橋渡り線。まだ路面標示のペイントは未塗装。アスファルトの黒さが真新しい。

 ひとつの連絡路や新たな出入口ができるだけで、高速道路の利便性は大きく改善される。阪神高速において、2020年1月29日(水)の早朝4時に開通する西船場JCT(にしせんばジャンクション)の連絡路である信濃橋渡り線もそのひとつだ。16号大阪港線(東行き)と1号環状線(北行き)を直接接続することから、開通が待ち望まれている(画像1および2)。

画像2。濃いオレンジ色の連絡路が信濃橋渡り線と1号環状線の増設車線。

画像2。濃いオレンジ色の連絡路が信濃橋渡り線と1号環状線(北行き)の増設車線。薄いオレンジは信濃橋入口ランプウェイ。

画像3。阪神高速および大阪周辺の都市間高速の広域ネットワーク図。

画像3。阪神高速および大阪周辺の都市間高速の広域ネットワーク図。

距離で約5.5km、時間で5分の短縮

 これまで、16号大阪港線(東行き)から11号池田線や12号守口線に向かおうとした場合、1号環状線(南行き)を半周以上回る必要があった(画像4)。1号環状線が右回りの一方通行のためであり、11号池田線まで半周以上、12号線になると1周近く回らないとならないのだ。この遠回りを避ける乗り継ぎ制度があるが、一度一般道に降りるしかなかったのである。

画像4。阪神高速の16号大阪港線から11号池田線・12号守口線へ向かう際の従来と今回のルートの比較。

画像4。16号大阪港線から11号池田線・12号守口線へ向かう際の従来(オレンジ)と今回(赤)のルートの比較。

 今回の信濃橋渡り線の開通で1号環状線(北行き)と直接接続できるようになると、距離が短縮する。11号池田線まではこれまでなら約6.5kmだったところが約1kmになるし、12号守口線でも約8kmが約2.5kmとなる。時間にすると5分の短縮を実現する。

 わずかな時間かも知れないが、1号環状線の渋滞に巻き込まれる確率も減るし、通過するJCTも減るので行き先間違いも減るといったメリットもある。さらに、これまで1号環状線を半周以上走っていた際に排出されていたCO2が、年間で約4000トン削減される。1号環状線の内側をすべて森林にした場合に相当するという(画像5)。

画像5。阪神高速・西船場JCTの信濃橋渡り線を利用すると、従来ルートに比べて年間約4000トンのCO2を削減できるという。

画像5。信濃橋渡り線を利用すると、従来ルートに比べて年間約4000トンのCO2を削減できるという。

 なお、料金はすでに信濃橋渡り線が開通したという設定で現在も計算されているため、今回の開通による変更はない。

信濃橋入口と1号環状線の増設車線も同時に開通

 今回は同時に、2017年2月から信濃橋渡り線の建設で通行止めとなっていた信濃橋入口と、新たに設けられた1号環状線(北行き)の増設車線(画像6)も利用が可能となる。増設車線は、信濃橋渡り線が1号環状線(北行き)に接続したあと、そのまま延伸する形で土佐堀出口ランプウェイにつながる車線だ。この増設車線により、1号環状線(北行き)の西船場JCTから土佐堀出口までは一時的に5車線になる。

画像6。阪神高速・西船場JCTの信濃橋渡り線の先に続く1号環状線の増設車線。

画像6。信濃橋渡り線の先に続く1号環状線(北行き)の増設車線。

→ 次ページ:
信濃橋渡り線を利用する際の注意点

新規開通・高速道路の関連記事