2019年12月23日 10:20 掲載

ライフスタイル NEXCO東日本&NTTドコモによる「AI渋滞予知」、12月20日(金)からE17関越道にも対応

NEXCO東日本はNTTドコモが開発した「AI渋滞予知」を用いた情報配信サービスの実証実験を、12月20日(金)からE17関越自動車道でスタート。NEXCO東日本のドライバー向けサイト「ドラぷら」で利用することが可能だ。

神林 良輔

画像1。「AI渋滞予知」のE17関越道の予測所要時間画面と予測交通需要の画面のイメージ。NEXCO東日本「ドラぷら」より。

画像1。「AI渋滞予知」のE17関越道版の画面。左が「予測所要時間」で、タブを切り替えると右の「予測交通需要」が表示される。NEXCO東日本「ドラぷら」より。

 「AI渋滞予知」はNTTドコモが開発したAIを使った渋滞予知のシステムだ。実は、このAIを使った実証実験は、2017年12月からCA東京湾アクアラインで行われている。今回、そのエリアが拡大されることとなり、あらたに性能を強化してE17関越自動車道でも実証実験を行うこととなった(画像1)。

利用はNEXCO東日本の「ドラぷら」の「AI渋滞予知」のページを開くだけ

 利用方法はとても簡単で、NEXCO東日本のドライバー向けサイト「ドラぷら」の「AI渋滞予知」のページを開くだけだ。同ページは、NEXCO東日本のトップページ中程の右側にある「AI渋滞予知」のバナーをクリックすれば開く。

 今回、数あるNEXCO東日本の高速道路の中で、E17関越道が選ばれた理由は、同社管内で渋滞が最も多く発生する路線だからだという。それに加え、アクアラインの実証実験で行われた「AI渋滞予知」の利用者アンケート(2回実施されて合計約1万9000名が回答)で、今後の展開先の希望として、最も多く選ばれたことも理由のひとつだ(画像2)。

画像2。NEXCO東日本とNTTドコモによる、CA東京湾アクアラインの「AI渋滞予知」実証実験のアンケートによる、今後希望するの展開先の結果。画像提供:NEXCO東日本

画像2。アクアラインの「AI渋滞予知」のアンケートによる、今後希望するの展開先の結果。E17関越道が23%でトップ。画像提供:NEXCO東日本

 E17関越道の渋滞は上り線で発生することが多い。特に、沼田IC(群馬県沼田市)からE17関越道の起点である練馬IC(東京都練馬区)までの間が多発区間だ。そのため「AI渋滞予知」でも、上り線の沼田ICから練馬ICまでが対象とされた。

 アクアラインの木更津JCT~川崎浮島JCT間の約32kmに対し、E17関越道の沼田IC~練馬IC間は約126kmと距離が長い。間に多数のICやJCTもあることから、利用者は始点と終点を以下の通りに複数から選ぶことが可能だ。

【始点:5か所】
●沼田IC
●渋川伊香保IC(群馬県渋川市)
●藤岡JCT(群馬県藤岡市)
●花園IC(埼玉県深谷市)
●鶴ヶ島JCT(埼玉県鶴ヶ島市)

【終点:2か所】
●鶴ヶ島JCT
●練馬IC

 「AI渋滞予知」のE17関越道版では、これら始点と終点を設定し、それぞれに応じた「予測所要時間」と「予測交通需要」を確認できるようになっている。

 なお「交通需要」とは、各時間帯において高速道路を通過しようとする車両の総数を指す。それに対し、高速道路の"通過できる最大の"車両の総数が「交通容量」だ。渋滞は、その道路における交通需要が交通容量を上回ると発生してしまうのである。

→ 次ページ:
「AI渋滞予知」の仕組みを詳しく解説

年末年始・高速道路渋滞情報