2019年12月25日 19:50 掲載

ライフスタイル 犬が車酔いになってしまったら。獣医師100人のオピニオンから学ぶ対策と予防法。

愛犬とのおでかけは車で、と張り切ってドライブをしたのに犬の具合が悪そう。もしかしてこれって車酔い? という経験をしたことはないだろうか。獣医師の知識・知見を発信するペットの飼い主向けサイト Vet's Eye(ベッツアイ)が、100名の獣医師を対象に行った調査をもとに、予防・対策について考えてみよう。

JAF メディアワークス IT Media部 会田 香菜子

犬の車酔いの症状とは。

犬の車酔いの症状を飼い主は把握しておこう。

©chalabala - stock.adobe.com

 人間と同様に、犬も車酔いをすることがある。長時間のドライブであればその可能性はより高まることだろう。
 しかし具合が悪くなっても、人間と違い犬は言葉で体調不良を訴えることができない。だからこそ、飼い主が車酔いの症状やサインはどのようなものか知っておいてあげたい。

 ペットの飼い主に向けたサイト「 Vet's Eye(ベッツアイ)」では、いろいろなテーマで100名の獣医師に意見を聞き、その結果をサイトで公表している。昨年6月には、犬の車酔いについて聞いているので、その内容をもとに、予防や対策について考えてみたい。まずは、車酔いをしている犬の症状についてだ。

【犬の車酔いの主な症状】
・大量のよだれが出る
・震える
・そわそわと落ち着きがなくなる
・あくびが増える
・鳴いたり、吠えたりする
・下痢
・嘔吐

 分かりやすい症状は下痢や嘔吐だが、普段と様子が違って見えたら注意が必要だ。

ほとんどの犬が車酔いをする可能性がある。

2~3割の犬が車酔いになるという獣医の回答が最も多い。出典:Vet's Eye「なんとかしてあげたい犬の車酔い。予防や対策は?」

 長時間のドライブでどのくらいの割合の犬が車酔いをするのか、という質問に対して獣医の回答は「1割」が44%、「23割」の47%とほとんど同率だった
 この結果を見るに、犬は必ずしも車酔いになってしまうというわけではなさそうだ。しかし、絶対に酔わないという保証もないので、できるだけ予防してあげたいと思う "親心" もあることだろう。

事前対策は「酔い止め薬」が過半数。

普段から車に慣れさせておくことも、犬の車酔い予防になる。

出典:Vet's Eye「なんとかしてあげたい犬の車酔い。予防や対策は?」

 では、獣医が同意できる出発前の対策法にはどのようなものがあるのだろうか。
 最も同意数が多かったのは、「動物病院であらかじめ酔い止め薬をもらっておく」で9割以上もの獣医が同意する結果となった。
 「酔い止め薬を2時間前に高容量で与える」(大阪府 獣医師)という獣医のコメントもあったが、薬の適量には個体差があると思うので、かかりつけの獣医に確認しておきたいところだ。
 
 続いて、「日ごろから車に乗せて慣れさせておく」が約8割であった。
 東京都の獣医のコメントに、「時々、車でお散歩の場所まで行くなど、楽しい場所まで(短時間で行ける距離)乗せてみる」とあった。「楽しいところへ行く」のだという経験を犬にさせることで、車への苦手意識を無くすという考え方もあるようだ。
 また、「出発前に餌を与えて満腹にしてしまうことを避ける」ことは、どちらとも言えないと回答した獣医師が多かった。
 これは、満腹になると酔って吐きやすくなってしまう、という反面、空腹によって酔ってしまう犬もいるということが理由だという。

出発前の絶食時間の目安は「46時間」。

犬が満腹状態での乗車は車酔いの原因になりやすい。

出典:Vet's Eye「なんとかしてあげたい犬の車酔い。予防や対策は?」

 さて、空腹すぎても車酔いになる可能性があるとしたら、一体どれくらいの時間の絶食が適切なのだろうか。
 結果を見てみると、「46時間」の約3割が最も獣医師に支持されていた。続いて、支持が集まっていたのは「3時間」「2時間」だった。
 成犬の食事は1日2回(朝・夕)が一般的であり、半日ほどの間隔がある。ということは、食事を抜く絶食、というよりもおやつなどの間食を避ける、もしくは与える際の時間の目安だと考えても良いかもしれない。いずれにしても、過度な空腹状態にさせることは望ましくなさそう、ということが窺える結果だった。

ライターお勧めの関連記事はこちら