2019年12月13日 22:50 掲載

ライフスタイル 寒いのはつらいよ。
冬こそ楽しい、南国・奄美大島の旅

寒い時期に暖かい地へ出掛けたくなるのは当たり前かもしれない。では、なぜ奄美大島なのか。海あり山あり、ドライブ好きにこそオススメしたい、大自然に癒やされる南国ロードトリップの魅力をお届けする。

JAF メディアワークス IT Media部 秋月新一郎

奄美群島のひとつである加計呂麻島。実久(さねく)ビーチは、島内でも屈指の透明度を誇る

一人旅に行ってきます

「こんな暑い夏はもう嫌だ。冬よ、早く来い」とついこの前まで話していたと思ったら、今度は「こんな寒い冬はもう嫌だ。夏よ、早く来い」と言う。そんな天の邪鬼な人は結構多い。残念なことに私もその面倒な人の内のひとりなのだが、とにかく適温と感じる範囲が狭い。

 思い起こせば10か月前、今年の2月も寒かった。東京は積雪するほどに寒かった。耐えきれなくなった私は、ちょっとした休暇を手にいれ、東京の寒さから逃げるように奄美大島、そして加計呂麻島へと旅立つことにした。

 鹿児島から380kmほど南下した場所にある奄美大島の2月は、暑すぎず寒すぎず。ほんのり暖かい風と、肌に軽くまとわる適度な湿度が心地よい。そう、この感じはまさに初夏ではないか! 羽田では必需品だったはずのダウンジャケットが一瞬で邪魔になった。

 レンタカー屋で一番安いクルマを借りて、荷物を詰め込み、一路、加計呂麻島を目指す。結論から先に言えば、奄美大島と加計呂麻島で過ごした3日間は、生きてる内にもう一度訪れたい思えるほど、誠に美しいロードトリップだった。

 エンジンをスタートさせ、ラジオを地元のチャンネルに設定し、窓を全開にして走り出す。海を眺めながら渋滞知らずのワインディングを駆け抜ければ、誰だって笑顔にならないわけがない。