2019年12月11日 18:45 掲載

ライフスタイル レインボーブリッジが、その名の通りに虹色に。クルージングで堪能するライトアップ夜景。

12月7日から1月5日まで、レインボーブリッジ(台場)ではスペシャルライトアップを楽しむことができる。年末も近づき賑わいもクライマックスに向かうお台場で、クルーズで海上からライトアップと花火を楽しもう。

JAF メディアワークス IT Media部 会田 香菜子

七色に浮かび上がるレインボーブリッジ。

レインボーブリッジスペシャルライトアップが期間限定で開催中だ。

提供:首都高速道路株式会社 

 毎年恒例の期間限定レインボーブリッジライトアップは、初のLED投光器を使って12月7日から始まった。
 点灯式が実施されたデックス東京ビーチ3階のシーサイドデッキからは、美しい色に浮かび上がるレインボーブリッジを一望できる。もちろん、ドライブでレインボーブリッジを走りながら楽しむのも素敵だろう。
 しかし、クルーズで海の上から観るいつもとは違う風景の美しさは格別だったりするものだ。

花火と夜景のコラボレーションに心打たれる。

ライトアップされたレインボーブリッジと花火の美しいコラボレーション。

 レインボーブリッジのライトアップは来年1月5日まで毎日実施されているが、より楽しむのなら花火との美しい色彩のコラボレーション「お台場レインボー花火2019」をぜひ観てほしい。開催日は1214日・21日・28日と各土曜日なので、週末のお出かけ先に選んでみるのもよいだろう。
 さらに、そのスペシャルな夜景を海上という特等席から見上げてみてはいかがだろうか。花火が色ごとに海を色付かせる様子を間近で楽しめるのも、クルーズならではだ。
 クルーズの手配については、個人でボートをチャーターするほか、屋形船や夜景観覧クルーズに申し込む方法がある。

 花火と言えば秋の季語だ。実感としても、浴衣姿でうちわを片手に見上げるイメージだろう。しかし、こうして冬に聴く花火の音色も壮大で風情がある。なにより、花火とレインボーブリッジのスペクタクルは一年の締めくくりにふさわしい。波に揺られながら、大切な人とこの一年を振り返るひと時にしてみるのも素敵だと思う。

 ちなみにライトアップは日没から24時まで実施されているが、花火は19時から約5分間のみなのでご注意を。クルーズを申し込む際には、花火の開始時刻にどのポイントにいるのかも事前に確認することをおすすめしたい。また、クルーズでは海風を遮るものがないので、船のデッキから観る場合には防寒対策は必須だ。

間近でレインボーブリッジを見上げられるのも、クルーズならではの楽しみ方だ。

 期間限定のクリスマスイルミネーション&花火観覧クルーズも実施されているので、一年を締めくくる月の思い出として乗船してみてはいかがだろうか。

【レインボーブリッジ スペシャルライトアップ】
期間:2019年12月7日(土)~2020年1月5日(日)
時間:日没~24時

【お台場レインボー花火2019】
日時:12月14日・21日・28日の各土曜日
   19時~約5分間
※21日はミュージック花火開催
場所:お台場「自由の女神」沖 ※荒天中止

【お台場レインボー花火&クリスマスイルミネーション観覧クルーズ】
日時:12月14日・21日・28日の各土曜日
   18時10分~19時30分
料金:3,850円~(乗船料)
※詳細については、主催会社の「ポケカル(http://www.poke.co.jp/book/calendar.php?eventid=P015143)」HPをご参照ください。

ライターお勧めの関連記事はこちら