2019年10月29日 21:00 掲載

ライフスタイル SA・PAのビックリするほど大盛り&高カロリーなグルメ10選!

秋と言ったら「食欲の秋」。ドライブで立ち寄る高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)には、とても一人前とは思えないカレーや丼、ラーメンなどがあるのをご存じだろうか。NEXCO東日本エリアで提供されている「ビックリするほど大盛り&高カロリーグルメ」を紹介しよう。

JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

 ※本記事で紹介する商品価格は、消費税10%の税込表記。

関越道・三芳PA(下)キッチンおはやし
「三芳スタミナカレー」 1,630円(税込)

関越道・三芳PA(下)|キッチンおはやし|三芳スタミナカレー

 見るからにボリューム満点な「三芳スタミナカレー」は、スタミナ焼肉320g、ライス400g、カレールー400g、福神漬け50gなど、総重量なんと約1.2kgの超大盛りチャレンジメニュー! 総カロリーは約2300kcalと、成人男性の1日分のカロリーがこの1皿で摂取できてしまうほどである。

 長距離ドライバーや学生向けに開発され、ニンニクの効いたスタミナ焼肉とピリッと辛いカレールーの相性が抜群なんだとか。最初はそのまま食べ進み、途中で真ん中の卵を割ればマイルドに味変できる。1皿で焼肉もカレーも味わえて1日分のエネルギーがチャージできるとは、なんとコスパの良いメニューだろう。

 ちなみに、三芳PA(下)の「ベーカリー ブレッズコート」はJAF会員優待施設。パンを600円(税込)以上購入したJAF会員にブレンドコーヒー(ホット)1杯が無料サービスされる(要会員証提示)。

 ※サービスのブレンドコーヒーは、スナックコーナーまたはUCCコーヒーBOXにて提供。
 ※「三芳スタミナカレー」は、JAF会員優待ではありません。
  

上信越道・東部湯の丸SA(下)フードコート
「山賊歌舞伎味噌ラーメン」 1,350円(税込)

上信越道・東部湯の丸SA(下)|フードコート|山賊歌舞伎味噌ラーメン

 「山賊歌舞伎味噌ラーメン」の特徴はなんと言っても、丼の真ん中でドーンと存在感を放つ「山賊焼」。山賊焼は、鶏肉を醤油ベースのタレに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げた長野県の郷土料理。カリっとした食感と中から溢れ出る肉汁がジューシーな料理だ。

 ラーメンスープは、創業280年の老舗「長野味噌」のみそを使用したニンニクとゴマ風味が濃厚なみそ味。山賊焼の下側にたっぷりとトッピングされたニラと岩のりが麺に絡んで奥深い香りと旨味を味わえるんだとか。そんな濃厚ラーメンと山賊焼のコラボなので、もちろん期待通りの高カロリー。総カロリー1040kcalで一般的なラーメン約2杯分である。このボリュームならライスや餃子を頼む必要はないだろう。

 ちなみに、東部湯の丸SA(下)のレストラン 「アンテロープ」、ベーカリーコーナー、フードコートはJAF会員優待施設。アンテロープでは、食事を注文したJAF会員にソフトドリンク1杯が無料サービス。ベーカリーコーナーでは、コーヒーが50円引き。フードコートでは、ソフトクリームが50円引きになる(要会員証提示)。

 ※「山賊歌舞伎味噌ラーメン」は、JAF会員優待ではありません。

長野道・姨捨SA(下)レストラン
「長芋のかき揚げ丼」 1,100円(税込)

長野道・姨捨SA(下)|レストラン|長芋のかき揚げ丼

 「長芋のかき揚げ丼」は、大きめにカットした地元長野県産の長芋と玉ネギ、ニンジン、しめじ、海老を使用した丼からはみ出すほどに大きなかき揚げが特徴。長芋のホクホクと衣のサクサクの2つの食感が同時に楽しめるだろう。タレは、かつおダシとたまり醤油を使用。たまり醤油の甘さの中にダシの香りが豊かに広がるコクのある味わいなんだとか。

 「お客様の旅の思い出に残るような1品を作りたい!」というスタッフの想いから誕生した大きなかき揚げの直径は18~19cmほど。DVDのディスクは12cmなので、その1.5倍以上もの大きさである。きっと旅の記憶に残ることだろう。総カロリーは1252kcalで一般的な天丼約2杯分だ。

 ちなみに、姨捨SA(下)のフードコートおよびベーカリーコーナーはJAF会員優待施設。JAF会員はソフトクリームが80円引きになる(要会員証提示)。

 ※「長芋のかき揚げ丼」は、JAF会員優待ではありません。

東北道・安達太良SA(下)フードコート
「メガラーメン」 1,300円(税込)

東北道・安達太良SA(下)|フードコート|メガラーメン

 一見すると普通のラーメンだが、実は直径23cmもある大きなすり鉢状の器に盛り付けられている。「メガラーメン」という名の通り、大ボリュームの1品である。

 福島県のブランド鶏である「伊達鶏」からダシをとったスープは、スッキリとしていながら芳醇な旨味を感じる味わいだという。自家製のちぢれ麺の上には、特性タレで煮込んだチャーシュー4枚、とろとろの煮卵1個、メンマなど、こだわりのトッピングも満載。真ん中のカイワレ大根で清涼感を加えてはいるが、全体的にガッツリとしたボリューム感が伝わってくるパンチのある見た目である。なんと同店の人気メニュー「あだたらラーメン」2杯分の量で、総重量1.2kg、総カロリーは1718kcalもあるという。

 ちなみに、安達太良SA(下)のレストランはJAF会員優待施設。レストランで飲食利用のJAF会員は指定ドリンクが1杯無料サービスされる(要会員証提示)。

 ※「メガラーメン」は、JAF会員優待ではありません。

東北道・安積PA(下)フードコート
「福島豚丼」 980円(税込)

東北道・安積PA(下)|フードコート|福島豚丼

 「福島豚丼」は、「ドライバーさんにガツンとお肉を食べてもらい、満足して欲しい」とのスタッフの想いから考案された大盛りメニュー。アツアツの大盛りごはんの上に、脂がのった福島県産の豚肩ロースがドーンと5枚も敷き詰められている。

 厚めにカットされた豚肩ロースは、ニンニクの香ばしさが引き立つようにガーリックチップを先に入れてから甘辛スタミナソースで味付け。そのジューシーな肉汁とソースだけでもごはんが進みそうだが、最後まで飽きずに食べられるようにとトッピングの高菜が添えられていたり、真ん中に大根おろしが乗っていたりと至れり尽くせり。後味はさっぱりと食べられそうだが、エネルギーはバッチリ補給できる。総重量470g、総カロリー1195kcalで一般的な豚丼1.5杯分の高カロリーである。

 ちなみに、安積PA(下)のショッピングコーナーはJAF会員優待施設。JAF会員はホットコーヒーが50円引きになる(要会員証提示)。

 ※「福島豚丼」は、JAF会員優待ではありません。

東北道・羽生PA(下)ゴーゴーカレー
「メジャーカレー(中サイズ)」 1,100円(税込)

東北道・羽生PA(下)|ゴーゴーカレー|メジャーカレー

 ごはんが見えないほどに盛りだくさんのトッピングが乗った「メジャーカレー(中サイズ)」が登場。トッピングは、ロースカツ、チキンカツ、エビフライ、ウインナー、ゆでたまご、キャベツの千切りと目白押し。見るからに凄まじいボリュームで、総重量約1kg、総カロリー1994kcalもある高カロリーメニューである。

 55時間熟成させたという濃厚でドロドロなカレールーは、スパイスの香りと旨味のバランスが絶妙なんだとか。揚げ物とカレーとはなんという甘美な組み合わせ、それだけでも十分だが合間に食べるキャベツの千切りが良い箸休めになりそうだ。

 「あまりにもお得すぎて会社に対して罪悪感を感じる」とは店長談。それもそうだろう、通常のロースカツカレー(中)は900円。プラス200円しただけでトッピングが4種類も増えるのだ。このメニューと一緒にコーラ500mlを飲み干せば、成人男性1日分のカロリーを摂取可能だ。

 ちなみに、羽生PA(下)のレストラン「ROYAL 羽生洋食軒」と「美彩屋」はJAF会員優待施設。前者は、食事をしたJAF会員にコーヒー1杯をサービス。後者は、会員本人がソフトクリームを注文すると50円引きになる(要会員証提示) 。

 ※「メジャーカレー」は、JAF会員優待ではありません。

東北道・羽生PA(下)よ~いDON
「メガ海老フライ丼」 990円(税込)

東北道・羽生PA(下)|よ~いDON|メガ海老フライ丼

 ゴーゴーカレーと同じく羽生PAからもう1品。「メガ海老フライ丼」は、そそり立つように盛り付けられたエビフライがインパクト大な大盛りの丼メニュー。なんと店内仕込みのエビフライがど~んと贅沢に7本も乗っている。フライには、エビの食感や旨味を引き立てるように厳選したパン粉を使用。ごはんにもこだわり、国産米のオリジナルブレンドを使用しているという。
 
 サックリと揚がった衣とエビのプリプリとした食感の相性は抜群。オリジナルの甘辛ソースで味付けしている。1度に7本もエビフライを食べる機会はそうそうないだろう。エビ好きな方はお試しあれ。総重量510g、総カロリー1285kcalで一般的なエビフライ定食の約2倍のカロリーが摂取できる。

 ちなみに、羽生PA(下)のレストラン「ROYAL 羽生洋食軒」と「美彩屋」はJAF会員優待施設。前者は、食事をしたJAF会員にコーヒー1杯をサービス。後者は、会員本人がソフトクリームを注文すると50円引きになる(要会員証提示) 。

 ※「メガ海老フライ丼」は、JAF会員優待ではありません。

常磐道・美野里PA(下)フードコート
「大盛りスタミナカレー」 750円(税込)

常磐道・美野里PA(下)|フードコート|大盛りスタミナカレー

 「大盛りスタミナカレー」は、大盛りのカレーライスの上に豚バラ肉の生姜焼きをたっぷり125gもトッピングした豪快なカレーライス。直径22cmの大きな深皿に盛られているので、見た目以上のボリュームに驚くことだろう。少し辛めのビーフカレーと生姜焼きは相性抜群で、お互いを引き立て合っているという。ごはんがスイスイ進みそうだ。

 真ん中にトッピングされた卵には、茨城県奥久慈産の「奥久慈卵」を使用。卵を割って混ぜ合わせれば、黄身の旨味が加わり、マイルドで濃厚な味わいになる。総重量770g、総カロリー1518kcalで一般的なビーフカレー約2杯分の高カロリー。

 ちなみに、美野里PA(下)のショッピングコーナーはJAF会員優待施設。JAF会員はホットコーヒーが50円引きになる(要会員証提示) 。

 ※「大盛りスタミナカレー」は、JAF会員優待ではありません。

常磐道・東海PA(下)フードコート
「特製生姜焼き定食」 980円(税込)

常磐道・東海PA(下)|フードコート|特製生姜焼き定食

 「特製生姜焼き定食」は、厚めの豚肩ロース肉に自家製ダレをたっぷりと絡めて焼き上げ、甘辛に仕上げたという1品。一見すると大盛りには見えないが、実は豚肉200g、キャベツの千切り50gを使いボリューム満点。総カロリー1380kcalで一般的な生姜焼き定食の約2倍もの高カロリーである。

 ごはんにもこだわり、ツヤとふっくらとした弾力のある栃木県産「コシヒカリ」を使用。しかも大食いな人には嬉しいサービスで、ごはんがおかわり自由とのこと。生姜焼きのトロミのあるタレとジューシーな豚肉の脂で何杯もおかわりでき、そしてカロリーも雪だるま式に摂取できることだろう。

 ちなみに、東海PA(下)のスナックコーナーはJAF会員優待施設。食事を注文したJAF会員はコーヒー1杯(ブラジルコーヒー・ホット・アイス)が無料サービスされる(要会員証提示) 。

 ※「特製生姜焼き定食」は、JAF会員優待ではありません。

京葉道路・幕張PA(上)長田本庄軒
「"名物"牛スジ濃厚焼きそば鬼盛り」 1,000円(税込)

京葉道路・幕張PA(上)|長田本庄軒|"名物"牛スジ濃厚焼きそば鬼盛り

 直径22cmの大きな鉄板にうずたかく盛り付けられたこちらは「"名物"牛スジ濃厚焼きそば鬼盛り」。鬼盛りとは、麺の量を大盛りの2倍に増やした、大盛りを超える大ボリュームのこと。その高さはなんとテーブルから10cmにもなるという。

 モチモチとした食感の自家製中太麺、甘辛く煮込んだ牛スジとコンニャクを一緒に炒め、オリジナルソースで味付けした濃厚な焼きそば。牛スジの旨味とソースの酸味が絶妙なバランスを堪能して欲しいという。「濃厚ソースにドップリ浸って下さい。太ること間違いなし!」とは店長談。

 麺の量はもちろん、こんにゃくと牛スジの弾力で満腹中枢が刺激されることだろう。総重量は約1.14kg、総カロリー1947kcalで一般的な焼きそば約4皿分のカロリーが摂取できる。

 ちなみに、幕張PA(下)のスナックコーナーはJAF会員優待施設。定食類を注文したJAF会員には生卵1個が無料サービスされる(要会員証提示) 。

 ※「"名物"牛スジ濃厚焼きそば鬼盛り」は、JAF会員優待ではありません。


 SA・PAそれぞれに趣向を凝らせた大盛り&高カロリーなグルメはどれも驚くほどのボリュームだった。毎日食べたら太ってしまうかもしれないが、旅のおみやげ話にはもってこい。1人では無理でも家族や友人と取り分けて食べ、思い出の1ページに加えてみてはいかがだろうか。

ライターお勧めの関連記事はこちら