2019年10月24日 19:15 掲載

ライフスタイル 【東京モーターショー2019】今年も開催のグルメキングダム!全14店舗を徹底紹介


JAF メディアワークス IT Media部 会田 香菜子

華鳥/大鶏排(ダージーパイ)(800円)

華鳥/大鶏排(ダージーパイ)(800円)

 台湾の夜市で定番かつ人気の「大鶏排」は、いわゆるビッグチキンカツのことである。鶏のむね肉を切らずにまるごと1枚揚げた、ボリュームたっぷりのジャンクフードだ。
 さくさくの衣と肉厚でジューシーなむね肉が、口の中を幸せにしてくれそうだ。片手で食べられるので、会場間の移動中のお供にもおすすめかもしれない。

【東京モーターショー限定メニュー】
超激辛悪魔の大鶏排(900円)

 地元 台湾では好みにあわせて、辛みパウダーを追加でかけて食べることも多いそうだ。そんな辛みパウダーを「悪魔」というほどまでに辛くして提供される大鶏排は、肉好きにも辛党にも挑戦的な一品だ。

たれかつ本舗 勝升/タレからあげ(600円)

たれかつ本舗 勝升/タレからあげ(600円)

 創業以来使い続けている、特製香醋(こうず)は中国の伝統のお酢。それに魚介の旨味を加えた醤油ベースのタレが味の決め手か。確かに、たっぷりしみ込んだタレが、塩麹に漬け込んだジューシーなからあげとの相性も良さそう。
 噛んだ途端に、口の中いっぱいにあふれ出す旨味をとことん楽しめそうだ。

【東京モーターショー限定メニュー】
SWEET CHILLたれから(600円)

 揚げ物に甘辛のスイートチリは相性が良い。それは、エスニックが定番化してきたことで、知っている方も多いと思う。素材にもこだわっている勝升の絶品からあげとスイートチリの組み合わせが楽しめるのはファンにも嬉しい。
 スイートチリとの組み合わせを試したことのない方も、ぜひこの機会に賞味してみてはいかがだろうか。

Yelo/パステルズ(かき氷)(850円)

Yelo/パステルズ(かき氷)(850円)

 かき氷カフェバーからは、その名の通りパステルカラーの見た目が可愛らしいかき氷が提供される。上にのっているカラフルなトッピングは香川県の伝統菓子あられの一種「おいり」である。
 うす甘く軽い食感の「おいり」と、yelo特製のミルクソース、オリジナルシロップがかかったかき氷とのハーモニーはどんな感じなのだろうか。これは、見た目も味も楽しめそうだ。

【東京モーターショー限定メニュー】
チョコミント(850円)

 シーズンメニューであるが、今回特別にモーターショーで提供することぬになった。ふんわりかき氷とチョコミントの組み合わせは、ひんやりさっぱりとした甘さが疲れた体を癒してくれそうだ。

利休抹茶本舗/もっちもち抹茶タピオカ(500円)

利休抹茶本舗/もっちもち抹茶タピオカ(500円)

 千利休の誕生の地である堺から抹茶とおもてなしの心を世界に広めたい、と創業された利休抹茶本舗。最高級抹茶を使用したタピオカドリンクで、グルメな方にも流行に敏感な方にも嬉しい。
 はっしーさん曰く「抹茶は今世界中でも注目され人気が高まっています。今回はモーターショーということで、海外から来られる方も多いのでぜひ抹茶の美味しさを味わっていただけたら」とのこと。
 日本の伝統と流行りのタピオカを同時に楽しめる、一度で二度おいしいスイーツだ。

【東京モーターショー限定メニュー】
利休抹茶パフェ(1,000円)

 最高級の抹茶を使用したパフェ。ほんのりと広がる爽やかな抹茶の苦みはきっと上品な甘みを演出してくれることだろう。
 スイーツもしっかり楽しみたい、という方にはボリュームもありそうな限定パフェをぜひおすすめしたい。

ライターお勧めの関連記事はこちら