2019年10月24日 19:15 掲載

ライフスタイル 【東京モーターショー2019】今年も開催のグルメキングダム!全14店舗を徹底紹介


JAF メディアワークス IT Media部 会田 香菜子

郭 政良 味仙/台湾ラーメン(800円)

郭 政良 味仙/台湾ラーメン(800円)

 名古屋のご当地グルメとして名高い台湾ラーメンの元祖と言えば「味仙」だ。ひき肉とニラ、ニンニクにたっぷりの唐辛子などがのったラーメンは、額に汗するほどに激辛だそう。
 もちろん、辛いだけではなく鶏ガラスープの旨味も味わい深い。全国の辛党ファンから長く愛され続けている絶品は、空気の冷え込んできたこの時季には体を温めてくれそうだ。

【東京モーターショー限定メニュー】
台湾ラーメン スーパーイタリアン(超激辛)(1,200円)

 「イタリアン?」とメニュー名に首を傾げた方もいるのではないだろうか。これは、名古屋で広まった独特の言い回しなのだという。
 コーヒーの「アメリカン」の濃度が薄いことから、 "辛さ控えめ" は「アメリカン」、対して濃度の濃いエスプレッソ(イタリアンコーヒー)から "激辛" は「イタリアン」と称するようになったのだという。
 辛さに自信のある方は、さらに "スーパー" が付いている台湾ラーメンをぜひ賞味してみてはいかがだろうか。

T'S-STYLE/ピッツァマルゲリータ(1,200円)

T'S-STYLE/ピッツァマルゲリータ(1,200円)

 イタリア直輸入の新窯を使用して焼き上げた本格マルゲリータは、なんと累計販売数30万枚を超えるという大人気メニューだ。
 新窯ならではの高温、短時間で焼き上げられた生地は、表面はさっくり中はもっちりしているのだとか。その上にのせられた、とろとろのモッツァレラとあわせて本格的な味わいを楽しめそうだ。

【東京モーターショー限定メニュー】
至高のマルゲリータブラータ(2,400円)

 SNSでも話題になった「ブラータ」とは、表面を切ると生地の中から繊維状にしたモッツァレラと生クリームがあふれ出てくるチーズのこと。濃厚なミルクの風味が魅力なのだとか。

EFE KEBAB/ケバブサンド(700円)

EFE KEBAB/ケバブサンド(700円)

 ケバブグランプリで3年連続優勝店のケバブサンドは、一番おいしく食べられる厚さにケバブがカットされている。肉の仕込みからソースまでこだわり、マリネードされたケバブはジューシーで柔らか、一度食べたら病みつきになるのだとか。
 ランチ休憩に、片手にケバブを持ちながら午後に回るブースのチェックをするのも良いのではないだろうか。

【東京モーターショー限定メニュー】
ヨーグルトソースのビーフケバブ(900円)

 ヨーグルトはもともと、トルコ語で同語を意味する「ヨーウルト」が語源だ。そして、トルコはヨーグルト発祥の地。トルコ料理にはヨーグルトを使ったさまざまな料理がある。
 だからこそ、ケバブとヨーグルトの相性だって抜群のはずである。マリネードされたビーフとヨーグルトの酸味は、すっきりとした後味が楽しめそうだ。

中華 味一/濃厚肉汁!背脂焼餃子(650円)

中華 味一/濃厚肉汁!背脂焼餃子(650円)

 子供の頃に好きだった人気中華店「味一番」の味を継いでいきたい、そうして開店したのが「中華 味一」。創業以来その味を守り続け今や有名人も含めた多くの常連客がいる、メディアでも話題の人気店が初出店である。
 名物のこの餃子は、自家製餡とモッチリした皮の餃子に、自家製背脂を添えて食べるという珍しいスタイルだ。餡にも練り込まれているという背脂と地鶏のスープがコクのある味わいなのだとか。

【東京モーターショー限定メニュー】
数量限定!辛ネギ背脂かけ焼餃子(850円)

 ピリリと舌を刺激する辛さとネギの風味は、深いコクのある背脂や餃子との相性もばっちりの予感だ。
 ネギのさっぱりとした風味がアクセントとなって、より味わい深く餃子を楽しめそうだ。

ジョンノハットグ/チーズハットグ(600円)

ジョンノハットグ/チーズハットグ(600円)

 食べると中に入っているチーズがミョーンと伸びる様子がおもしろいと、SNSでも話題となったチーズハットグ。もともとは韓国のおやつの定番であるが、日本でのブームの火付け役となったお店が初出店する。
 新鮮なモッツァレラチーズを、あつあつのうちに伸ばしながら食べる、テンションも上がりそうな一品だ。

【東京モーターショー限定メニュー】
Wチーズハットグ(700円)

 チーズ好きの方は、モーターショー限定の "Wチーズ" ハットグを試してみてはいかがだろうか。
 伸び方も "W(ダブル)" になるのか、または太くなるのか。結果はぜひ会場で実際に食べて知ろう。

ライターお勧めの関連記事はこちら