2019年10月23日 09:52 掲載

ライフスタイル 「フレンズ」が大ヒット! 80年代後半を駆け抜けたバンド「レベッカ」


タグ:

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

今、レベッカを体験するならこの2枚!

 アルバム「REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~」は、オリコン1位を獲得。当時の国内ロックアルバムとしては異例のミリオンセラー(累計130万枚超え)を記録した。レベッカはその後も「RASPBERRY DREAM」「MONOTONE BOY」「MOON」などヒット曲を次々にリリース。これ以降のアルバムは、すべて80万枚以上のセールスを達成している。

 1991年に解散するまで、日本のロックシーンの先端を駆け抜けたレベッカ。今も時折メンバーが集結して再結成ライブを行っているが、ブレイク当時の生き生きとした彼らの姿もライブ映像で楽しむことができる。今回、最新のレストア&リミックスで蘇ったのが「REBECCA LIVE '85 -Maybe Tomorrow Complete Edition-」と「BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-」の2本。以下にそれぞれを詳しく紹介していこう。

「REBECCA LIVE '85 -Maybe Tomorrow Complete Edition-」

レベッカ「REBECCA LIVE'85 -Maybe Tomorrow Complete Edition-」

「REBECCA LIVE '85 -Maybe Tomorrow Complete Edition-」は、アルバム「REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~」発売後に開催されたツアーを収めた映像作品。1985年12月25日に渋谷公会堂で演奏された全18曲105分が完全収録されている。写真提供:ソニー・ミュージックダイレクト

 「REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~」がアルバムチャート1位を獲得し、バンドがブレイクした直後のツアー映像がこちら。このライブをレベッカのベストアクトとして挙げるファンも多く、ボーカルのNOKKOをはじめ、メンバーの初々しい姿が楽しめる。

 このツアーは過去にも映像作品としてリリースされているが、今回発売されるのはライブ全編を「完全収録」したもので初のBlu-ray化となる。これまでカットされていた演奏シーンや曲間のMCまで余すことなく収録されているのがうれしい。中でも注目はボーカル・NOKKOのMC。赤裸々な元カレについてのエピソードや「こんな大きいところでやれるなんて! 1年前とは大違いだよ」と、満面の笑みで何度口にする姿が印象的だ。
Blu-ray品番:MHXL-78/価格:5000円(税別)

「BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-」

レベッカ「BLOND SAURUS TOUR'89 in BIG EGG -Complete Edition-」

30年の月日を経て、東京ドームで演奏された全18曲を完全収録した「BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-」がついに商品化! 写真提供:ソニー・ミュージックダイレクト

 今から遡ること30年前の1989年7月17日。完成したばかりの東京ドームに約5万人を動員したライブ映像の完全版が登場。ファン待望の映像作品として満を持してのリリースとなった。保管されていた映像素材を当時の撮影監督が全編再編集。最新技術を駆使しHD映像化を行い、音源もマルチテープからリミックスされている。

 こちらはドーム公演ならではの大掛かりなセットをバックに、ダンサーとフォーメーションダンスを踊るNOKKOの姿が大きな見どころ。Blu-ray版には特典映像として、東京ドーム公演の直前に収録されたリハーサルの様子と、各メンバーへのインタビュー映像を収録している。1989年に撮影されて以来、30年にわたり保管されていた映像には、NOKKOをはじめとするメンバーの当時の表情がたっぷり詰まっている。
Blu-ray品番:MHXL-77/価格:6000円(税別)
DVD品番:MHBL-342/価格:5000円(税別)

 いずれも当時のレベッカの魅力がたっぷり詰まったライブ映像作品。この時代にレベッカというバンドが放っていた輝きをたっぷり堪能することができる。

ライターお勧めの関連記事はこちら