ライフスタイル 激辛グルメ祭り2019が開催中!2nd、3rdラウンドのメニューを紹介。

「激辛グルメ祭り2019」が8月7日~9月18日まで、新宿歌舞伎町大久保公園にて開催されている。同イベントは1stラウンド~6thラウンドまでの6ラウンド構成となっていて、自慢の激辛メニューを提供する飲食店が計46店舗出店する。本記事では2ndラウンド(8月16日~21日)、3rdラウンド(8月23日~8月28日)に提供されるメニューを紹介しよう。

2019年08月16日 17:40 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

激辛グルメ祭りとは

激辛グルメ祭り|2019|イベント|メインロゴ

 「激辛グルメ春祭り」は、8月7日~9月18日まで新宿歌舞伎町大久保公園にて開催されるフードイベント。2013年から毎年8月~9月に開催され、延べ70万人以上を動員。今年は過去最多46店舗、過去最長38日間にかけて開催されている。

 同イベントは、1stラウンド~6thラウンドまでの6ラウンド構成となっていて、ラウンドごとに店舗や料理が入れ替わるため、何度訪れても違うメニューを楽しむことができることが特徴。1stラウンドがTBSのバラエティ番組「王様のブランチ」で紹介されるなど注目を集めている。2ndラウンド、3rdラウンドで提供される、次なる激辛メニューはどんなものなのだろうか。

激辛グルメ祭り 2ndラウンドで提供されるメニューを紹介

 それでは2ndラウンド(8月16日~21日)に提供されるメニューを紹介しよう。2ndラウンドでは計9店舗(入れ替え6店舗、継続3店舗)の激辛メニューが味わえる。店舗入れ替えで登場する6店舗を紹介しよう。

激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|チーズとジビエ 咖哩なる一族 |淡路島カレー×キャロライナリーパー

チーズとジビエ 咖哩なる一族 
「淡路島カレー×キャロライナリーパー」 1,200円(税込)

 こちらは、淡路島産プレミアム玉ねぎを1食に丸ごと1つ分を贅沢に使用した淡路島カレーをベースに、唐辛子で辛さを加えた激辛カレー。

 辛さはジョロキア(約100万SHU)、トリニダードスコーピオン(約146万SHU)、キャロライナリーパー(約156万SHU)の3種類から選ぶことができる。()内の数値は辛さの指標で、唐辛子などに含まれる辛さの成分「カプサイシン」の割合を示すスコヴィル(SHU)という単位で示している。ちなみに日本でも馴染みのある鷹の爪の辛さは約4万~5万SHUなので、最も辛いキャロライナリーパーは鷹の爪の約30~40倍の辛さである。

 口に入れると、玉ねぎの甘さとコクが感じられ、後から辛さが追いかけてくるんだとか。上にトッピングされているのは、淡路島産玉ねぎをスライスして揚げた「フライドオニオン」。香ばしさと素材の甘さ、食感が良いアクセントになっているという。見たところ、ご飯の量が少なく、辛さを中和できる要素はフライドオニオンしかない。ビールなどを準備して挑みたい。


激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|Tokyo spice curry 赤と黒|黒のカシミールカレー

Tokyo spice curry 赤と黒
「黒のカシミールカレー」 S:800円 M:1,000円

 人気カレー店「横浜ボンベイ高田馬場店」の系列店「赤と黒」からは「黒のカシミールカレー」が登場。

 「カシミールカレー」とは、基本的にサラサラとして黒っぽい色合いのルーにチキンやジャガイモの入ったシンプルなカレー。「黒のカシミールカレー」は、そのカレーをアレンジして、そのサラサラとした見た目からは想像できないほどに、玉ねぎなどの野菜の甘みと旨味、スパイスの刺激的な辛さが絶妙なバランスで共存しており、クセになる味わいだという。ご飯の上に乗ったチキンも香ばしい焼き色がついて美味しそうである。辛口から超極辛まで選べるそうだ。ルーが激辛だとしても、これだけご飯の量があれば安心して挑める。


激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|バインセオ サイゴン |激辛バインセオ

バインセオ サイゴン
「激辛バインセオ」 1,000円(税込)

 「バインセオ」は、日本では「ベトナム風お好み焼き」などと呼ばれるベトナム料理の定番。米粉とターメリックの入った生地をクレープのように薄焼きにして、モヤシや豚肉、エビなどさまざまな具材を挟んで食べる料理である。外側はパリパリ、内側はモチモチとした食感が楽しめる。
 
 通常は玉子焼きのような黄色い生地なのだが、そこは激辛グルメ祭り、写真のように真っ赤に染まっている。そう、生地の中に唐辛子が練りこまれているのだ。挟む具材も唐辛子で激辛に味付けされている。


激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|モンゴリアン・チャイニーズBAO|羊の激やっこ

モンゴリアン・チャイニーズBAO
「羊の激やっこ」 1,000円(税込)

 モンゴルの家庭料理が楽しめる「BAO(バオ)」が提供するのは「羊の激やっこ」。その名の通り、冷やっこの上に羊肉のあんがかかったおつまみである。

 羊肉のあんは、黄唐辛子と青唐辛子の入ったオリジナルの辛味噌で味付け。口に入れると羊肉の芳醇な香りと唐辛子の辛さが一気に広がるという。冷やっこなのに汗がダラダラと垂れてきそうである。ビールと一緒に楽しみたいメニューだ。


激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|タイ田舎料理 クンヤー|ガパオライス 

タイ田舎料理 クンヤー
「ガパオライス」 1,200円(税込)

 タイ東北部イサーン地方出身のスタッフが作る池袋のタイ料理店「クンヤー」は「ガパオライス」を提供。

 ガパオライスとは、タイのバジル「ガパオ」と鶏ひき肉をナンプラー、オイスターソースなどで甘辛く炒めた料理。鷹の爪の2~3倍程度の辛さがあると言われるタイ産の激辛唐辛子「プリッキーヌ」で辛さを加え、粉末の唐辛子「プリックポン」を投入して激辛に仕上げたという。写真右上に写っているのが、そのプリックポン。一味唐辛子のような見た目だ。目玉焼きを崩せばマイルドに、さらキュウリのみずみずしさが舌休めになるだろう。


激辛グルメ祭り|2019|激辛グルメ|プサンアジメ|タッカルビ

プサンアジメ
「タッカルビ」 S:800円 M:1,000円(各税込)

 韓国・ソウルでは55店舗以上出店する人気韓国料理店「プサンアジメ」からは定番韓国料理「タッカルビ」が登場。コチュジャンや粉の唐辛子を入れた甘辛のタレに漬け込んだチキンをキャベツなどの野菜と一緒に焼き上げた一品。

 ジューシーなチキンが真っ赤なタレで包まれていて、見るからに辛そう。チキンからは唐辛子の辛さに負けない旨味が感じられるという。

 なお、2ndラウンドでは、1stラウンドから3店舗が継続出店する。これらは別記事で紹介しているので参照されたい。

ライターお勧めの関連記事はこちら