2019年08月08日 18:00 掲載

ライフスタイル 激辛グルメ祭り2019がスタート!1stラウンド出店の激辛メニューを紹介。

「激辛グルメ祭り2019」が8月7日から新宿歌舞伎町大久保公園にて開催されている。同イベントは1stラウンド~6thラウンドまでの6ラウンド構成となっていて、自慢の激辛メニューを提供する飲食店が計46店舗出店する。本記事では1stラウンド(8月7日~14日)に提供されるメニューを紹介しよう。※2ndラウンド(8月16日~21日)、3rdラウンド(8月23~28日)のメニューは別記事にて紹介している(記事内リンクか記事下の関連記事欄へ)。

JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

激辛グルメ祭りとは

激辛グルメ祭り|2019|イベント|メインロゴ

 「激辛グルメ春祭り」は、8月7日~9月18日まで新宿歌舞伎町大久保公園にて開催されるフードイベント。2013年から毎年8月~9月に開催され、延べ70万人以上を動員。今年は過去最多46店舗、過去最長38日間にかけて開催される。

 同イベントは、1stラウンド~6thラウンドまでの6ラウンド構成となっていて、ラウンドごとに店舗や料理が入れ替わるため、何度訪れても違うメニューを楽しむことができる。激辛料理好きにはたまらないイベントである。

 ※2ndラウンド(8月16~21日)、3rdラウンド(8月23~28日)のメニューは別記事で紹介している。

激辛グルメ祭り 1stラウンドで提供されるメニューを紹介

 それでは1stラウンド(8月7日~14日)に提供されるメニューを紹介しよう。

激辛グルメ祭り|2019|イベント|辛麺屋一輪|辛麺(とんでもねぇ)

辛麺屋 一輪 「辛麺(とんでもねぇ)」 1,200円(税込)

 店主曰く「数々の辛党をうならせてきた」という「辛麺(とんでもねぇ)」は、あまりの辛さにスープを口に入れた瞬間に沈黙する人がいるんだとか。写真を見るとスープが唐辛子の赤色で染まっていて、持ち上げた麺にも唐辛子が絡んでいることがわかる。勢いよく麺をすするとせき込みそうなのでご用心。

 麺はそば粉入りのこんにゃく麺でもちもち食感。スープは辛さだけでなく旨味やコクも感じられるクセになる味わいだという。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|サフラン池袋|世界一辛いカレー

サフラン池袋 幻のインド料理 「世界一辛いカレー」 1,200円(税込)
 
 世界一辛いカレーは、タバスコの約200~400倍の辛さを誇る唐辛子「ブートジョロキア」を使用。ブートジョロキアとは、北インドやバングラディッシュで生育している唐辛子で、2007年にギネス世界記録でハバネロを抜いて世界一辛い唐辛子となった品種。(2019年4月現在は、ドラゴンブレスチリが世界一)

 ここでの辛さとは、唐辛子などに含まれる辛さの成分「カプサイシン」の割合を示すスコヴィル(SHU)という単位で比較している。タバスコの辛さは約2500~5000SHU。ブートジョロキアの辛さは100万7286SHUであるという。

 いったいどれだけ辛いのか想像できないので、食べてみるしかない。ちなみに、味は辛いだけでなく、マイルドさとコクもあわせ持つ絶妙なバランスなんだとか。全体としては、バターチキンカレーなどと変わらない見た目だが、輪を描く赤いオイルが何やら辛そうである。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|四川料理京華僂|四川麻婆豆腐

四川料理 京華僂 「本場の四川麻婆豆腐 」S:800円 M:1,000円 L:1,200円(各税込)

 横浜中華街にある中華料理店「京華僂」からは、中国・四川省出身のシェフが作り出す本場の四川麻婆豆腐が登場。四川豆板醤を改良したお店オリジナルの豆板醤と唐辛子、花山椒など18種類の香辛料・調味料をふんだんに使用しているそうだ。

 花山椒の舌にピリピリくる辛さと唐辛子の辛さのコンボでごはんが食べたくなりそうだ。ちなみにS、Mサイズはプラス200円でごはんか麻辣ピーナッツが追加できる。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|アムリタ食堂|激辛ガパオ丼

アムリタ食堂 「激辛ガパオ丼」 1,200円(税込)

 タイの屋台で料理を振る舞う"お母さんの味"が楽しめるという吉祥寺のタイ料理店「アムリタ食堂」は「激辛ガパオ丼」を提供。

 タイのバジル「ガパオ」と鶏ひき肉をナンプラー、オイスターソースなどで甘辛く炒めた料理を丼ぶりメニューにアレンジ。鷹の爪の2~3倍程度の辛さがあると言われるタイ産の激辛唐辛子「プリッキーヌ」をこれでもかと投入。鶏ひき肉の陰に見え隠れしている赤い塊は唐辛子である。ガパオの爽やかな香りと目玉焼き、ライスが良い舌休めになるだろう。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|陳家私菜|頂天麻婆豆腐

陳家私菜 「頂天麻婆豆腐」 800円(税込)

 「頂天麻婆豆腐」は、都内で複数店舗展開する四川料理店「陳家私菜」の名物メニュー。花山椒をふんだんに使用した四川風。
 
 四角いままの豆腐の周りに盛られた麻婆の色が通常よりも濃く感じる、いかにも辛そうな見た目である。さらに豆腐の上には、唐辛子の輪切りや花山椒の粒が見てとれる。花山椒のしびれで舌がピリピリとする中に旨味をしっかりと感じる味わいだという。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|辛ちゃん|辛ちゃん手羽先

辛ちゃん 「辛ちゃん手羽先ゴチュ味 4ピース」 800円(税込)

 新大久保の人気の韓国料理店「辛ちゃん」からは「辛ちゃん手羽先ゴチュ味 4ピース」が登場。韓国式炭火焼きの手羽先にゴチュ味(唐辛子味)のソースをたっぷりとつけた真っ赤な手羽先である。

 炭火で焼かれたチキンはジューシーで香りが良く、唐辛子の辛さに負けない旨味が凝縮されているという。仕事終わりにビールと一緒に楽しみたいメニューだ。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|チャオエムカフェ|ブンボーフエ

チャオエムカフェ 「ブンボーフエ」 M:1,000円 L:1,200円(各税込)

 「ブンボーフエ」はベトナムの定番麺料理。パスタのような細長い円柱状の米粉麺「ブン」とレモングラスの香る鶏ガラスープにベトナム版ラー油「サテ」で香りと辛さを加えた料理である。酸っぱくてピリッと辛いのが特徴。トッピングの牛肉は柔らかく煮込まれていてジューシー。

 一見するとそれほど辛くなさそうに見えるが、唐辛子やサテの量で辛さ調節ができる。激辛が得意な人から普通の人まで対応可能だという。ちなみにベトナム料理店「チャオエムカフェ」のシェフは、本場ベトナムからやって来たイケメンシェフ。甘いマスクで激辛料理を作るとは、ギャップ萌えである。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|ALDO|激辛ハチノススープ

ペルー料理&バル ALDO(アルド)「激辛ハチノススープ」 800円(税込)

 美食の国として名高いペルーの定番料理である「ハチノススープ」に唐辛子を加えた「激辛ハチノススープ」を提供するのは、東京・青山のペルー料理専門店「ALDO(アルド)」。日系ペルー人のシェフが作り出す料理はどれも本場の味だという。

 スープにはハチノスだけでなく沢山の野菜も入っており、野菜からしみ出た旨味も感じる一品。赤色のスープがいかにも辛そうである。


激辛グルメ祭り|2019|イベント|麺屋まぜはる|四川まぜそば

麺屋まぜはる 「四川まぜそば」 1,000円(税込)

 見るからに辛そうな見た目のこちらは東京・浅草橋の台湾まぜそば専門店「まぜはる」が提供する「四川まぜそば」。

 器全体に粉末唐辛子がこれでもかとふりかけられ、麺の上に乗ったひき肉には花山椒がたっぷり使用されている。まぜそばなので全体が馴染むように混ぜてから食べるメニューだ。花山椒で痺れた舌に追い打ちをかけるように粉末唐辛子の辛さが突き刺さる辛さが想像できる。

 麺は中太のモチモチ麺。しっかりとした噛み応えを感じる麺である。卵の黄身のマイルドさが良い舌休めになるだろう。 

 1stラウンドでは9店舗の激辛メニューが味わえる。この機会にさまざまな激辛グルメを食べ比べてみてはいかがだろうか。詳しくは下記参照のこと。

激辛グルメ祭り2019 開催概要

日程:1stラウンド 8月7日~8月14日
   2ndラウンド 8月16日~8月21日
   3rdラウンド 8月23日~8月28日
   4thラウンド 8月30日~9月4日
   5thラウンド 9月6日~9月11日
   6thラウンド 9月13日~9月18日

※8月15、22、29日、9月5、12日は店舗入れ替えのため休業
※雨天開催(荒天時は中止の可能性あり)

会場:新宿・歌舞伎町大久保公園特設会場
  (東京都新宿区歌舞伎町2-43)
営業時間:11:00~21:00
入場料:無料(飲食は有料)
購入方法:食券制 サイズ・メニューにより800円、1,000円、1,200円の3種類(税込)

ライターお勧めの関連記事はこちら