ライフスタイル 高速道路によって速度制限が違うのはどうして?時速80キロと120キロの高速道路の違い。

2019年3月1日から、新東名高速道路の新静岡IC~森掛川ICの間で最高速度が時速120キロに引き上げられる。一方、中央道や中国道など最高速度が時速80キロに設定されている高速道路がある。両者にはどんな違いがあるのだろうか?

2019年02月22日 16:12 掲載

雨輝・加藤久美子

実際に走るとその違いは歴然

50年近い歴史がある中国道は、路肩が狭くてカーブが多いためほとんどが時速80キロ制限である。

中国道では、非常電話が通常より多く設置されている。

 筆者はこの1か月の間に新東名全線(御殿場~豊田東)と、中国道全線(吹田~下関)を走行した。新東名は2012年4月に開通した新しい高速道路で、時速120キロ制限が試行される新静岡IC~森掛川ICの区間を含んでいる。一方、中国道は1970~1983年に開通したかなり古い道路で宝塚IC以西の約530kmは、時速80キロ以下の制限速度である。対照的ともいえる2つの高速道路を走ってみると、その違いが体感できた。

 新東名の時速120キロ区間はゆったりとした片側3車線で、路肩も「全路肩」(幅2.5m)かそれ以上ある印象。十分な広さがあるので速度を落としたくなるカーブもなく、勾配もほとんどないので実に走りやすい。一方、中国道は全体を通してカーブが非常に多く、勾配も多い。そして路肩のほとんどが「半路肩」(幅1.75m)以下で狭く感じる。

 筆者は通常、瀬戸内海側の海岸沿いを走る山陽道を利用するので、中国道全線を走ったのは約10年ぶりだった。久しぶりに走ってみると「こんなに狭かったのか!」と驚き、時速80キロで走るのも怖く感じた。

設計速度120km/hと100km/hを決める最も大きな要因は「カーブ」の数と形状?

カーブではスリップなどにより事故が起こりやすい。カーブの多い道路で最高速度が低く設定されるのは当然だろう。

新東名・新静岡ICの手前までが試行区間。ここを過ぎると時速100キロ制限になるので注意が必要だ。

平成15年に行われた高速道路の最高速度に関する審議において、国交省が提示した資料を元に作成。

 実際に走行してみて感じた違いは、カーブの曲線半径からも読み取ることができる。上表を見てみよう。設計速度が時速120キロの道路では、曲線半径1500m以上のカーブが76%で、多くのカーブが緩やかに作られていることがわかる。また、カーブの区間数は132区間と少ない。

 一方、設計速度が時速100キロの道路では、曲線半径1500m以上のカーブが35%と少なく、設計速度が時速120キロの道路と比べると急なカーブが多いことが分かる。さらに、カーブの区間数が440区間と多い。つまり設計速度が時速120キロと100キロでは、前者の方がカーブが少なく緩やかなため走りやすいのである。

 設計速度による違いは、カーブの曲線半径のみならず車線幅員、路肩幅員、縦断勾配などさまざまな部分で基準が設けられている。設計速度が速い道路ほど走りやすく、スピードを出しても安全なように作られているのだ。

関連記事

新東名高速の最高速度が120km/hに引上げ! 110km/h試行後1年間の事故状況は?

あなたの県の交通事故は?2018年の交通事故死者数・都道府県別データ詳報!

NEXCO西日本 2018年の交通死亡事故の発生状況で分かった「まさかの事故」に警鐘。