ライフスタイル アンケート・スズキとダイハツの「復活してほしいクルマは?」【クルマ好き4択】

メイトパークの公式Twitterで実施中のアンケート&クイズ企画「クルマ好き4択」。1月21日と1月25日に実施したアンケートは「復活してほしいクルマ」シリーズ。スズキの軽自動車とダイハツ車を対象に実施しました。その結果は?

2019年01月30日 11:30 掲載

 かつて大人気だったとしても、時代の変遷と共にさまざまな理由から惜しまれつつも姿を消したクルマはいくつも存在します。そんな中から、復活してほしい車種をお聞きするアンケートが「復活してほしいクルマ」シリーズです。1月21日はスズキの軽自動車について、1月25日はダイハツ車をテーマにしました。

【1月21日アンケート結果】復活してほしいスズキの軽自動車は?

 スズキの軽自動車の中から、今回はオープンタイプのスポーツカー「カプチーノ」(1991~1998)、従来の軽自動車の概念に当てはまらないクロスオーバータイプの「Kei」シリーズ(1998~2009)、スペシャリティカー「セルボ」および「セルボモード」(1977~2009)、生産が追いつかないというほどの大ヒットを記録したモデルもある「フロンテ」(1962~1989)シリーズを取り上げました。

 なんと、今回は総投票数が200票超え! これまで「クルマ好き4択」の投票数で歴代1位は、2018年10月2日に実施したマツダのロータリー車「RX」シリーズを題材にしたクイズ「実際になかったクルマはどれでしょう?」の247票。それに次ぐ219票となりました。みなさん、投票ありがとうございしたm(__)m。

 今回は、「カプチーノ」がコアな人気があることから、おそらく単独で票を伸ばしていくだろうと予想していました。ところが、スタートしてしばらくは「セルボ/セルボモード」が票を伸ばし、それを「カプチーノ」が追うというという状況で、その後も抜きつ抜かれつの2強対決の展開に。最終的に、42%を獲得した「カプチーノ」が僅差で1位となりました!

スズキ カプチーノ|suzuki cappuccino

「カプチーノ」。マイナーチェンジは受けたが、一度もフルモデルチェンジすることなく生産終了。しかし、今でも「乗りたい」という人の多い軽スポーツカーだ。

 そしてわずか1%及ばずに41%で2位となったのが、「セルボ/セルボモード」。「セルボ」は初代から3代目までは2ドア・クーペスタイルのスポーツタイプで、なんと1977年のデビュー当時から女性ユーザーを意識したデザインでした。そして4代目では、スポーツタイプであることは同じですが、4ドアの2BOXスタイルに大きくスタイリングを変更。その際に車名もサブネームの"モード"をつけて「セルボモード」となったという経緯があります。そして5代目では再び「セルボ」に戻り、2009年まで生産されました。スポーツタイプの人気車種として、長い期間にわたって生産されたことが「カプチーノ」と人気を分け合った理由かもしれません。

(上)初代「セルボ」。2ドア・クーペスタイルのスポーツタイプだが、女性を意識した車種だった。(下)4代目となる「セルボモード」。4ドア・2BOXスタイルの軽自動車として正統派のスタイリングに。「セルボモード」もスポーティな要素を残しつつ、さらに女性を意識して開発された。

 3位の「フロンテ」は1962年に初代が登場し、6回のフルモデルチェンジを数えました。さまざまな派生モデルがあり、実は2位の「セルボ」は、1971年に登場したスポーツタイプ「フロンテ クーペ」の2代目だったのです(車名を変えて独立させました)。1960年代から1980年代にかけて、スズキを支えた主力車種の1台でしたが、今回は票を伸ばせませんでした。7代目は1989年まで生産されたのですが、今回の4車種の中では最も早くに生産終了したことが理由かもしれません。

スズキ フロンテ|suzuki fronte

初代「フロンテ」。正式な車名は「スズライト フロンテ FEA(前期型)」1963年式。「フロンテ」は当初、スズキ初の4輪車兼軽自動車の「スズライト」の系譜としてスタート。「スズライト フロンテ TLA」が1962年に発売され、この「スズライト フロンテ FEA(前期型)」は1963年にマイナーチェンジモデルとして登場した。「スズライト」の名が外れて「フロンテ」として独立するのは、1967年に登場する「フロンテ360」から。

 そして、7%で4位だったのが「Kei」シリーズ。こちらは誕生が1998年と4台の中で最も新しく、「セルボ/セルボモード」と並び、最も近年となる2009年まで生産された車種です。これまでの軽自動車の概念にとらわれないクロスオーバータイプとして、高い走行性能、日常ユースの使い勝手のよさ、新鮮なフォルムなどを実現すべく開発された車種でした。スポーツモデルなどの派生型は登場しましたが、フルモデルチェンジをすることはなく、生産終了しました。

スズキ Kei|suzuki kei

「Kei」。生産期間は1998年から2009年までと11年あったが、その間に一度もフルモデルチェンジしなかったという少し変わった経緯を持つ。走りを追求した"ホットモデル"と呼ばれるグレードも存在した。

→ 次ページ:
続いてはダイハツ車のアンケート結果と現在受付中のアンケート!